当クリニックは予約優先です

予約状況メール相談(再診のみ)診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/形成外科/ (予約優先) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来OGTT検 査 脂質異常症甲状腺消化器インボディ総合診療科

Home >> クリニックより

休診のお知らせ

Posted on: 土曜日, 11月 17th, 2018 in: クリニックより

11月20日(火)は誠に勝手ながら休診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承の程よろしくお願いいたします。

やっと巻きスカートが見つかりました

Posted on: 日曜日, 11月 11th, 2018 in: クリニックより

ひざ掛けの変わりに巻きスカートがいいなと思ってから、1ヶ月ぐらいたったと思います。どうやって探したらいいのかもわからず、日が過ぎていってましたが、やっと見つかったんです。

難波の古い地下街をだらだら歩きながら、物色していたのですが、店に入って聞く勇気もないので、だらだら歩いていただけでした。ところが、なんとなく置いてそうな店に入ってみたんです。

何点か見ていった中で、思い描いていた巻きスカートに近いものがありました。意外と安くて、大感激です。電車に乗るときにひざ掛けをもっていくのか、巻きスカートをはいて行くのかの違いだけだったんですが。。。

ひとつ問題が解決したことはとっても気分がいいものですね。来週から、巻きスカートで電車に乗ってみようと思います。

ひび割れの季節になりました

Posted on: 金曜日, 11月 9th, 2018 in: クリニックより

ひび割れってある日突然なるんです。本当は、突然ではないんだと思いますが、硬くなって割れて初めて痛みが出て気がつくので、ある日突然なるような気がします。

私は、右手の母指の外側がいつも割れるのですが、昨日、割れて痛みが出るようになりました。もう、そんな季節になったかって思います。

当分、親指に絆創膏を巻かないとならないので、パソコンも打ちにくいし、予防接種もやりにくいです。今の時期に割れるのは、予防接種のアルコール綿による影響がかなりあると思います。

年内は、予防接種があるので、嫌な時期です。。。。。

世界的に有名なバンドのボーカルはユーチューブから

Posted on: 月曜日, 11月 5th, 2018 in: クリニックより

世界的に有名なバンドのボーカリストが変わりました。前任者はバンドを辞めたそうです。そのあとがまとして選ばれたボーカリストはユーチューブでカバーバンドの映像を出していた人だそうです。

昔は、オーディションで決めていたんだと思います。でもオーディションがあるという情報を得るのも難しいと思います。日本のバンドでもメインボーカルをオーディションで選んだと聞いたことがあります。

ユーチューブで選ばれたボーカリストはむちゃくちゃ幸運ですよね。でも、残されたバンドはどうなったのでしょう。ボーカリストがいなくなって、新しく見つけられたのでしょうか?

神様のような存在と一緒にバンド活動が出来るようになった幸運なボーカリストはどんな気持ちなんでしょう。最初は雲の上を歩いているような感じだったでしょう。でも、そのうち、神様も普通の人間だってわかり、がっかりしたのかもしれません。

自力で得た栄光ではないのかもしれないので、彼の今後が気になります。棚から牡丹餅って、落ちてこないかなって思いますが、落ちてきた牡丹餅はカビが生えているかもしれないので、いいこととは限らないって思います。

土曜日午後の診療を一時休診します

Posted on: 土曜日, 11月 3rd, 2018 in: クリニックより

土曜日の午後の診療は他の医療機関が開いていないので重宝されると思ってやってきました。確かに、土曜日の午後も予約でいっぱいになったこともあります。ところが、近隣の処方箋薬局が土曜日の午後は休みようになり、予約も減ってきました。

予約が少なくても開けるようにしていたのですが、もう無理しないで置こうと思うようになりました。土曜日の午後の診察をされている病院もありますし、救急病院はいつでも見てくれます。開業医は周囲の協力がなければやっていけません。弱小なので仕方ないですね。

いろんな病院を受診してみていろんなことが見えてきました

Posted on: 金曜日, 11月 2nd, 2018 in: クリニックより

最近の大病院は外来は2階建てで真ん中に吹き抜けがあり開放的なつくりです。AブロックとかBブロックとか空港のチェックインカウンターのように別れています。

画像情報は最近はフィルムではなくてCDなので、それを先に取り込むようです。取り込むのは受付であったり、各部門であったりまちまちです。

医事業務も各部門で行う場合と、会計の裏で行う場合とあるようです。会計の裏で一括に作業する場合は患者がファイルを会計に持っていかないとならないので、愛想がないです。

部門ごとで入力する場合は、お待たせしてすいませんと言いに来てくださいますし、処理に時間がかかる分は次回の請求に回しましょうかと提案してくれました。

決められたことをきっちりとミスなくこなしていくと言うのは大事なことですが、まったく感情が感じられません。その一方で、事務の方でも状況がわかっていると人としてのあったかさが出るものだと思いました。

結局、大きな病院に行けば、半日はつぶれます。待たされる時間がいらいらしないようにと携帯電話に電話してくれるサービスもありましたが、結局、遠くまで行けるはずもなく。。。。待たされる時間が苦にならない環境が一番いいとわかりました。待たされて不安になるのは、忘れられているんじゃないかって言うことだと思います。その不安を取り除くには頻回に誰かが報告してくれないとだめです。そこには、人の配慮が必要です。マニュアルがどれだけ徹底していても、現場の臨機応変な対応が一番重要だなと思いました。

経鼻内視鏡と経口内視鏡を受けてみての感想

Posted on: 木曜日, 11月 1st, 2018 in: クリニックより

最近、経鼻内視鏡が主流になっているようで、バイト先の病院でも”経鼻内視鏡をしてくれる先生”を探しています。上部消化管内視鏡は二人の先生が出来ます。でも、二人とも経口にこだわります。わたしの年代はそうですね。経鼻は開業医の先生が気軽にやるもので、病院ではすべきでないと考えています。

最近、両方とも経験してみて、思ったことを書きます。内視鏡前の麻酔は経口の方が楽です。3分間麻酔のゼリーを口に含んで、3分経ったら飲み込むだけ。味はついていますが、粘調で飲み込みづらかったです。昔はこの後でスプレーで麻酔を吹いていたと思いますが、セデーションを選択していたので、その後寝てしまいました。

経鼻内視鏡では、何度かにわけで鼻の麻酔、喉の麻酔があり、これも結構しんどかったです。特に、喉の麻酔はそれだけでもえづきました。鼻からの場合、セデーションはかけませんから、そのまま検査が始まり、鼻の奥が痛かったこと、喉を通過するときえづいた事、胃に空気を入れられるとなんどもえづいた事、全部覚えています。利点は画面で自分の胃の中が見えること。。。(あまり見たくなかった)

経口内視鏡はセデーションをかけてもらったので、気がついたら回復室のベットの上でした。喉の痛みもなく、何があったのかよくわからない状況でしたが、検査が終わったんだなと思いました。その日は、半日ぐらいふらふらしていたので、仕事の合間には無理だなと思いました。

結局、経口内視鏡の方がセデーションをかけてもらえば楽に検査が受けられるのに、回復室がないと経鼻のほうになってしまうようです。回復室で1時間ぐらい寝かせておかないと帰せないからです。検査としては、やはり経口内視鏡の方がしっかり見てもらえると思います。

鼻をほじると肺炎になるかもしれません

Posted on: 月曜日, 10月 29th, 2018 in: クリニックより

肺炎球菌は高齢者の肺炎の原因として知られています。ところが5歳以下の小児の死因にもなっているそうです。咳やくしゃみで広がることは知られていますが、鼻をほじることでも感染するそうです。

小児の肺炎は日本ではあまりみない気がしますが、小児科は見ていないのでわかりません。乾燥した状態では感染力は低くなるようで、おもちゃなどを乾燥させておくことも重要だそうです。

どちらにせよ、鼻をほじる行動は鼻の粘膜を傷つけるためよくないと思います。鼻はティッシュでかむようにしたほうがいいでしょうね。鼻をすするという行為も欧米の人には不快な印象を与えるようなので、気をつけたほうがいいでしょうね。

資格試験は大失敗でした

Posted on: 土曜日, 10月 27th, 2018 in: クリニックより

医事課の資格試験を受けに行ったのですが、結果は失敗、印刷までたどりつかなかったため不合格です。しかし、収穫はたくさんありました。

試験でも受けないと勉強しないからと受験を決めたのですが、勉強にはなりました。過去にスタッフが4人受けているのですが、受かったのは一人だけ。一人は2度受けても受からなかった資格試験です。

どうすれば合格するのかがわかったことも重要です。もう一度受験すれば受かるでしょうが、私に必要な資格ではないので、受験することはありませんね。

来年以降に受験する医事課をサポートすることにしています。しかし、試験を受けるのは何度やっても嫌なものですね。医者になってからでも何度試験を受けたことでしょう。いつもしんどかったです。

当分、自分を評価される試験と言うのは受けたくないなと言うのが感想です。

アルジネートウオーターに意外な効果。。。

Posted on: 土曜日, 10月 20th, 2018 in: クリニックより

アルジネートウオーターを飲むようになって、インプラント周囲炎もあっさり治るようになりました。顔によく出来る炎症性のできものも、いつもよりあっさりと引いてくれました。免疫を高めるとのことなので、術前に使う施設もあるそうです。

わたしも検査結果によっては手術を受けないとならないかもしれないので、飲み始めています。食道にも軽症だがカンジダがあったそうで、それにもいいかもしれません。皮膚の病理でも尋常性疣贅verruca vulgarisというウイルス性のいぼが見つかったのですが、調べると”主として小児の手足にみられ,表面の角化がつよく硬い”とあり、なんでやねんって思いました。

昔から、感染症になりやすく、眼科でも耳鼻科でも”子供がなる病気だよ”と言われたことも多々あります。今回、皮膚の病理を出したところはたまた、小児におこりやすい病態とのこと。昔、産婦人科の医者に、わたしの胃は筒状で新生児と同じだといわれたこともあります。

子供から成長してないのか?そのわりに、老化も進んでいる。よくわかりませんね。わたしは、サプリメントや健康食品は信用しないのですが、アルジネートウオーターは床ずれの方に飲んでもらうと治りが早かったので、信用できると思います。たぶん、床ずれの細菌に対して効果があったのだと思います。