当クリニックは予約優先です

予約状況予約(初めての方)予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/形成外科/ (予約優先) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来OGTT検 査 脂質異常症甲状腺消化器インボディ総合診療科スタッフ募集

糖尿病・内分泌内科/消化器内科/形成外科
ひらいクリニック
542-0081 大阪市中央区南船場3−2−6 大阪農林会館B−1号室

ようこそ、ひらいクリニック(大阪市中央区|心斎橋)のホームページへ。
当院では、糖尿病、低血糖症、生活習慣病などの内分泌内科、一般の外科、内科
の診察、ご相談を受け付けています。

当院は待ち時間を短縮するため、予約優先です。
(急病の方、怪我で応急処置を必要とされる方は直接お越しください。)
ご予約はメール予約(初診)(再診)又はFAX、直接来院でお願い致します。
(お電話での受付は一切行っておりません。)
ご予約の前に予約状況をご覧下さい。



ご挨拶 Message from Dr.KYOKO

ひらいクリニックは開院 7周年を迎えました!

2010年10月9日、心斎橋にクリニックを開院いたしました。
外科医として局所麻酔での簡単な手術をするかたわら生活習慣病のデータを集め糖尿病学会に入会し、国際糖尿病連合(IDF)アジア 太平洋地区会議で発表、糖尿病協会登録医に登録し、2年かかって糖尿病療養指導医を取得しました。
はたらく人を支援したく、勤務時間内に気軽に受診していただけるように完全予約制にし、待ち時間のない医療を実行しています。
職業や指向、生活環境等を尊重し一人一人に合わせたオーダーメイド型の治療方法を相談しながらご提案させていただいています。
「注射を減らしたい・内服を減らしたい・薬を減らしたい、頼りたくない」という方、治療変更のご提案・ご相談だけでも結構です。お困りの方がいらっしゃったら、お手伝いさせていただければ幸いです。


新着情報 What's New

9月 15 2018

関空の復旧の早さに感動しました

Filed under: クリニックより

台風のとき、一番ショックだったのは、関空の被害でした。復旧には時間がかかるだろうと誰もが思ったと思います。ところが、最初に船で輸送を始めて、次にバスで搬出し、被害のなかった滑走路を使って飛行機を飛ばすようになり、壊れた道路を取り外したときは感動でした。

完全な復旧まではまだ時間がかかると思いますが、出来るところから復旧している姿は元気をもらえます。大阪らしいなあって思います。見習って、出来るところからがんばろうと思います。

9月 13 2018

アメリカ同時多発テロの後遺症

Filed under: クリニックより

アメリカ同時多発テロの後遺症が今頃になって出てきているようです。当時、現場で救出活動をされていた人に障害が出始めていると聞きました。火災があったので、建築に使われているものが焼けることでよくない物質に変わって吸引したのかもしれません。

わたしが一番懸念するのは航空機に使われている燃料です。有鉛ガソリンは有害だとわかり、無鉛ガソリンに代わりましたが、唯一、航空機の燃料として残っているのです。これは、産業医の勉強で知ったことです。4エチル鉛と言う物質になるのですが、急性中毒では発狂して亡くなるそうです。

労働衛生コンサルタントの勉強のときには、2時かんびっちりこういう話を聞かされ、実際の患部の写真などを見せられたので、衝撃は強かったです。あまりにショックで、その日はしょんぼりしていたことを覚えています。慢性中毒は少量を持続的に吸収した場合に起り,初期症状は頭痛,不安感,興奮,悪夢を伴う不眠,易疲労性,吐き気,下痢など。さらに進行すると,人格変化,幻覚,不安感,昏睡などが生じるとのことです。

東北の震災のときも、友人が自衛隊機に乗って現場上空を飛んだために被爆したと聞きました。現場にいち早く駆けつけると言うことは、そういうリスクもあるんだなと思いました。イラクに隊長としていっていた友人もいます。予備自衛官になり、有事の際には現地に出向こうとしている友人もいます。

私は、災害現場に出て行くことは断念したので、大阪で出来ることをしていこうと思っています。産業医の仕事も始まるので、身を引き締めていかないとなりません。今日は、保育園の検診なので、子供たちに癒されてきます。

9月 12 2018

災害時の準備を考えて見ました

Filed under: クリニックより

災害時対策を何もしていなかったので、防災グッズを買いに行きました。お湯を入れたら食べられるパスタなどがあったのでいいなと思ったのですが、3日分そろえると結構な量になります。

それで、買い置きにしているパスタソースなどを多めに置いて、古いものから使っていく感じがいいなと思いました。非常時で一番心配なのはトイレですが、簡易トイレはかなりかさばります。

それで、尿については尿取りパット、便についてはねこの紙砂を用意する方が良いと思いました。トイレに設置するゴミ袋も多めに用意しておきます。

冷蔵庫が止まった時にブロックで売っている氷を3個冷凍庫に入れていたのですが、食料を保冷するために折りたたみ式の保冷バックを購入しました。

冷蔵庫を氷で冷やすより、保冷バックにまとめた方が良いと思ったからです。ガスが止まっても大丈夫なようにカセットコンロとガスボンベは用意してあります。水も用意しています。

5年間保存できる食料は普段の食料にもしやすいものにして、5年たたないうちに新しいものと入れ替えて消費していきます。

これらの防災グッズはキャリーバックに入れました。キャリーバックは収納場所がないため、部屋の隅に飾ってあるので、取り出しやすいと思います。

防災用品としてわざわざそろえるより普段から使えるもので準備しておく方が良いでしょう。

9月 11 2018

パーキンソン病の薬ができるかもしれません

Filed under: クリニックより

京都大学は、カルビンディン遺伝子を人為的に導入させ、ドーパミン細胞死を防御することに成功したと発表したとネットニュースで見ました。パーキンソン病は対症療法の薬がありますが、あわせるのが難しく、神経内科の先生しか扱えない病気です。

細胞死を防御することができれば、パーキンソン病の症状も軽くなるだろうし、とてもいいことだと思います。がんではないのに最後が悲惨な病気なので、ぜひとも開発されることを願います。

9月 05 2018

台風の影響が予想以上で驚いています

Filed under: クリニックより

大阪の暴風雨が一番強い時間帯はクリニックで待機していました。怪我をした人があれば対応するためでしたが、受診者もなく平穏に終了しました。

ところが、帰り道でイチョウの木があちこちで倒れ、信号は曲がっているし町の中は異常な状態でした。病院も大変だったようです。関連施設の停電で患者の受け入れをしていたそうです。

病院のクーラーが壊れて、熱中症で亡くなった患者さんの話は最近のことなので、皆過敏になっていたようです。今月から産業医をする事業所も台風被害が甚大で復旧のめどが立たないとのこと。

クリニックのスタッフにも被害がなかったか連絡しましたが、大きな被害はなかったものの、皆、怖い思いをしたようです。

関西空港の閉鎖のニュースは一番驚きました。アジアのハブ空港として作られたのに、こんなことになるなんて。伊丹空港や神戸空港が代わりになるのかなあと思いながら、早く復旧することを願います。

9月 04 2018

台風の中診療しています

Filed under: クリニックより

台風ですが、通常どうり診療しています。怪我などの外科的なことへ対応するつもりです。一部のスタッフは出勤させていませんので、出来ることに制限はかかりますが、16時まで待機しています。

9月 04 2018

なじみのお宿が閉鎖になったそうです

Filed under: クリニックより

毎年訪れていたお宿が閉鎖になりました。シェフ兼オーナーが年配だったので心配していたのですが、今年の夏で終わりにしたそうです。古かったのですが、小奇麗にされていたのでとても気に入っていたのに残念です。継承する若い人も見つからなかったのでしょうね。

宿の下にはたぬきやきつねも遊びに来ていて、夕食のあまりをもらっていたのですが、もうもらえなくなるんでしょうね。なんとなく、物悲しいです。新し物ができると古いものが消えていく。当たり前のことかもしれませんが、さびしいですね。

スノーボードの1級検定に受かったときも、一緒になって喜んでくださって、特別にケーキを焼いてくれたこともありました。シェフたちが元気で過ごされることを心から願います。

9月 03 2018

閉院になってしまった病院があります

Filed under: クリニックより

バイト先で急に10人の入院患者を受け入れないとならないって話を聞きました。どこかの病院が入院患者を外に出すようなことでもなければこんな話は起きません。最近、クーラーが壊れて患者さんが亡くなった病院の話しを聞いたので、クーラーでも壊れたのかなと思っていました。

後で聞くと、病院がつぶれたとのことでした。わたしも過去に勤務していた場所なので、ショックです。知り合いもまだはたらいているはずなので、どうなるのか心配です。病院もつぶれる時代、明日はわが身と思いながら気を引き締めていかないとならないって思いました。

9月 02 2018

プロヘパールと言う薬が無くなっていました

Filed under: クリニックより

プロヘパールと言う肝臓の治療薬がいつの間にか無くなっていました。肝臓に効く薬は少なく、漢方薬もありますが、副作用が出てあまり使われなくなっています。プロヘパールもよく効くわけではないので、さほど使っていなかったし、最近肝臓が悪い人が居なかったので、無くなった事に気がつきませんでした。

2017年3月に保険収載から消えたようですが、理由が原料の調達が難しくなったとか、売れ行きが悪くなったとかはっきりしたことはわかりません。過去にもダンリッチと言う薬が無くなったときは自分も飲んでいたために凄いショックだったのですが、今回はもっとショックです。

肝臓が悪い人には注射しかないのかなって思いますが、週に2-3回、注射で通える人もそうそう居ないわけで。。。肝硬変になってしまってからでは遅いのに。。。。肝硬変で腹水が溜まっている人を日々治療している身としては、なんとも言いがたい気持ちです。

9月 01 2018

動物性脂肪の取りすぎがインスリンの枯渇につながる

Filed under: クリニックより

動物性脂肪の取りすぎがインスリンの枯渇につながり糖尿病になってしまうと言われています。糖尿病になるベースは糖質ではなくて、脂肪が原因だと言われています。

なぜ、脂肪がインスリンを減らすのだろうって思っていました。インスリンは糖を血管から筋肉に運ぶ役割なので、脂質の代謝には関係しないからです。

でも、糖質と脂質を同時に取ると高めの血糖が維持されるので、それを下げようとインスリンも出っぱなしになるのではないかと思いました。

実際、糖尿病の方が寝る前にチーズを食べると翌朝の血糖値が高くなると言うことをよく経験します。夜間、8時間ぐらい血糖値が下がらないままになるわけです。

夜間なので、運動でカロリーが消費されないからなおさらなのでしょうけど、それにしても8時間インスリンも出っぱなしになっていると思われます。

そういったインスリンの使いすぎが膵臓を疲弊してインスリンが出なくなり、糖尿病につながっていくのだと思います。糖質制限は普通食に戻したときに一気に糖尿病に引きずり込まれます。注意してほしいものです。