高血糖と低血糖のひらいクリニック

アクセス
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/形成外科/ (予約優先) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   外科OGTT検 査 脂質異常症甲状腺消化器総合診療科


ひらいクリニックは閉院致しました。


糖尿病・内分泌内科/消化器内科/形成外科
ひらいクリニック
542-0081 大阪市中央区南船場3−2−6 大阪農林会館B−1号室



ご挨拶 Message from Dr.KYOKO

ひらいクリニックは開院 8周年を迎えました!

2010年10月9日、心斎橋にクリニックを開院いたしました。
外科医として局所麻酔での簡単な手術をするかたわら生活習慣病のデータを集め糖尿病学会に入会し、国際糖尿病連合(IDF)アジア 太平洋地区会議で発表、糖尿病協会登録医に登録し、2年かかって糖尿病療養指導医を取得しました。
はたらく人を支援したく、勤務時間内に気軽に受診していただけるように予約優先にし、待ち時間のない医療を実行しています。
職業や指向、生活環境等を尊重し一人一人に合わせたオーダーメイド型の治療方法を相談しながらご提案させていただいています。
「注射を減らしたい・内服を減らしたい・薬を減らしたい、頼りたくない」という方、治療変更のご提案・ご相談だけでも結構です。お困りの方がいらっしゃったら、お手伝いさせていただければ幸いです。


新着情報 What's New

2月 23 2020

みさき公園に行ってきました

Filed under: クリニックより

みさき公園が3月31日で無くなってしまうと知っていましたが、イルカショーを見に行く体力はないなあと思っていました。駅からイルカショーの舞台までかなりの距離をアップダウンしながら歩かないとならないからです。

2月に入って、急速に元気になってきているので、今のうちに行っておこうって思ってイルカショーを見てきました。みさき公園はカマイルカという種類がいて、ほかのイルカショーとは違う魅力があるからです。

カマイルカは3頭いたのですが、2頭に減っていましたが、とっても元気にショーをしていました。でも、公園全体が人手不足なのか、止まっているアトラクションがあったり、それが止まっているというアナウンスがなかったり、売店の商品もカマイルカのぬいぐるみはもう少ししかなく、あるだけで終了するのだろうなと思いました。

閉鎖が決まっている病院で非常勤を務めたこともありますが、その時は最後までみんな元気で、早めにやめていく人も少なかったのですが、閉鎖が決まった遊園地はとてもさみしい感じでした。

あやめ池遊園地、狭山遊園、奈良ドリームランドなど、私が大学生のころは小さな行きやすい遊園地があり、時々遊びに行っていました。みさき公園が閉鎖すると、枚方パークしか残らないなあって、知らないおじさんもつぶやいていました。

2月 19 2020

ようやく冬眠から目覚めたようです

Filed under: クリニックより

一昨年の12月中頃にとても大きな手術を受けました。手術後は3か月もすれば動けるだろうと思っていたのですが、予想外に時間がかかり、結局1年と2か月近くかかりました。やっと、周囲と連絡を取る気になり、復活していると連絡すると、なんと多くの方が復帰を望んでいてくれたことか。。。本当にありがたい話です。一方で、手術後が大変なことを知っていながら、何も言わなかった人もあり、”よくぞ耐えてくれました”というお言葉ももらい、本当にひどかったんだろうなあと思いました。”人間が受けられる最高にえぐい手術”を受けたのですから仕方なかったと思います。現在は、復帰に向けてリハビリで筋トレなども始めています。周りは、もう少しおとなしくしていたほうがといいますが、動き出したら止まらないのが私です。現在、復職先の候補がいくつかあるのですが、一般診療からは離れてしまうかもしれません。必要とされる場所に行き、自分の勉強にもなる現場に出ていくつもりです。ご心配をおかけしていたと思いますが、とりあえず、元の体の80%ぐらいまで復活しているのでご報告です。(それ以上の回復はないらしいのですが)

4月 09 2019

閉院することになりました

Filed under: クリニックより

同じ場所で継続してくれる医療機関をぎりぎりまで探したのですが、残念ながら見つかりませんでした。私自身の体調も悪く、現在診療もしておりません。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご協力をお願いいたします。

糖尿病専門医をご希望の方は、糖尿病協会のHPから検索できます。中央区は開業医で2ヶ所、病院では2ヶ所の登録があります。専門医ではなくても多くの先生が糖尿病の治療はされていますので、受診してみてください。

2月 28 2019

3月の診療日カレンダー(更新しました)

Filed under: クリニックより

 3月21日(木)・23日(土)・28日(木)・30日(土)は
 休診とさせていただきます。

1月 26 2019

「診療再開のお知らせ」

Filed under: クリニックより

2018年12月より休診しておりました診療を
2019年2月16日(土)より再開いたします。

診療日 :木曜日、土曜日
受付時間:10:00~12:00 となります。

今後は予約制ではありません。
受付時間内に直接ご来院ください。
休診中は皆様には大変ご不便おかけしましたことをお詫び申し上げます。

12月 11 2018

休診日が変更になりました。申し訳ありません。

Filed under: クリニックより

15日まで診療するつもりでしたが、13日に入院してくれと連絡が来ました。病院側の事情もあるので、13日に入院することにしました。15日に予約していただいていた方には大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。診療は今日が最終日になるので、早めに行って作業をしています。ご連絡いただければ、中に入っていただけると思います。本日は、感染症疑いの方はお断りさせていただきます。申し訳ありません。

12月 10 2018

休診のお知らせ

Filed under: クリニックより

12月13日(木)・15日(土)は誠に勝手ながら休診とさせていただくことになりました。
12月11日(火)が年内最後の診療日となります。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承の程よろしくお願いいたします。

12月 10 2018

東京の検診のクリニックで肺がんの見落としがあったという報道

Filed under: クリニックより

東京の検診のクリニックで肺がんの見落としがあったという報道をみて、違和感を感じています。胸部レントゲンでの見落としだそうですが、肺がん検診を胸部レントゲンで行っていること自体が間違いでしょう。

通常の検診で行っている胸部レントゲン撮影は結核の検診です。結核は中心部に病巣があっても末梢のほうまで影響が出るので、レントゲンで発見しやすいのだと思います。

肺がん検診はCTでなければ無理です。レントゲンでは心臓などで肺が見えない部分があるからです。高齢者の肺炎もレントゲンでは見つかりません。含気率が高いから見えてこないといわれています。

胸部レントゲンで、肺がんの見落としがあったとすれば、心臓などの重なった部分か、鎖骨や第1肋骨などがある肺の上部の部分です。ただ、上部は通常のレントゲン以外に、両腕を上に上げた状態でレントゲンを取ればわかります。CTの初期画像を見てわかりました。1枚しか取らなかった検診レントゲンを2枚取るようにすれば、肺がんの見逃しも減ると思うのですがどうでしょうか?

12月 09 2018

ギャンブル依存症の問題について

Filed under: クリニックより

宝くじがネットで購入できるようになったと聞いたので、調べてみました。宝くじが当たっていたら、登録口座に当選金が振り込まれるようで、当選しているかどうかを調べる必要がないようです。

買い忘れがないように、購入予約もできるようで、宝くじ売り場に買いに行かなくて済むのは大変便利だと思います。でも、その一方で、ギャンブル依存症になるのでないかと不安になりました。

株取引や外貨預金などと同じように、お金が数字だけのものに変わってしまう気がしました。競馬も場外馬券場があると聞いています。現地まで行かなくても賭け事ができるのは便利な一方で依存症の原因になっている気がします。

カジノのことで、ギャンブル依存症がニュースになっていますが、カジノの問題だけではないと思うのは私だけでしょうか?

12月 08 2018

今年初めてのインフルエンザ患者さんを診ました

Filed under: クリニックより

4日ほど前、バイト先の病棟のスタッフでインフルエンザが出たと聞きました。直接会ってないので、インフルエンザの患者さんを診たのは今日が初めてです。

A型でした。インフルエンザにかかった子供さんと接触があったそうです。予防接種はされていましたが、まだ3週間たっていなくて、効果が出なかったようです。

一回飲んだら済む薬が出ているので、インフルエンザになっても昔のようにしんどいことはないようですが、嫌なシーズンに入ったなあって思います。