当クリニックは予約優先です

予約状況メール相談(再診のみ)診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/形成外科/ (予約優先) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来OGTT検 査 脂質異常症甲状腺消化器インボディ総合診療科

【重要】 「休診のお知らせ」
院長の病気療養の為、12月13日より一時休診させていただくことになりました。
皆さまにご迷惑をおかけしますこと、心よりお詫び申し上げます。
なお、診療再開につきましてはホームページよりお知らせさせていただきます。


糖尿病・内分泌内科/消化器内科/形成外科
ひらいクリニック
542-0081 大阪市中央区南船場3−2−6 大阪農林会館B−1号室

ようこそ、ひらいクリニック(大阪市中央区|心斎橋)のホームページへ。
当院では、糖尿病、低血糖症、生活習慣病などの内分泌内科、一般の外科、内科
の診察、ご相談を受け付けています。

当院は待ち時間を短縮するため、予約優先です。
(急病の方、怪我で応急処置を必要とされる方は直接お越しください。)
ご予約はメール予約(再診)又はFAXでお願い致します。
(お電話での受付は一切行っておりません。)
ご予約の前に予約状況をご覧下さい。

初診の方は診療終了時間の1時間前迄に直接お越し下さい。


ご挨拶 Message from Dr.KYOKO

ひらいクリニックは開院 7周年を迎えました!

2010年10月9日、心斎橋にクリニックを開院いたしました。
外科医として局所麻酔での簡単な手術をするかたわら生活習慣病のデータを集め糖尿病学会に入会し、国際糖尿病連合(IDF)アジア 太平洋地区会議で発表、糖尿病協会登録医に登録し、2年かかって糖尿病療養指導医を取得しました。
はたらく人を支援したく、勤務時間内に気軽に受診していただけるように予約優先にし、待ち時間のない医療を実行しています。
職業や指向、生活環境等を尊重し一人一人に合わせたオーダーメイド型の治療方法を相談しながらご提案させていただいています。
「注射を減らしたい・内服を減らしたい・薬を減らしたい、頼りたくない」という方、治療変更のご提案・ご相談だけでも結構です。お困りの方がいらっしゃったら、お手伝いさせていただければ幸いです。


新着情報 What's New

12月 11 2018

休診日が変更になりました。申し訳ありません。

Filed under: クリニックより

15日まで診療するつもりでしたが、13日に入院してくれと連絡が来ました。病院側の事情もあるので、13日に入院することにしました。15日に予約していただいていた方には大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。診療は今日が最終日になるので、早めに行って作業をしています。ご連絡いただければ、中に入っていただけると思います。本日は、感染症疑いの方はお断りさせていただきます。申し訳ありません。

12月 10 2018

休診のお知らせ

Filed under: クリニックより

12月13日(木)・15日(土)は誠に勝手ながら休診とさせていただくことになりました。
12月11日(火)が年内最後の診療日となります。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承の程よろしくお願いいたします。

12月 10 2018

東京の検診のクリニックで肺がんの見落としがあったという報道

Filed under: クリニックより

東京の検診のクリニックで肺がんの見落としがあったという報道をみて、違和感を感じています。胸部レントゲンでの見落としだそうですが、肺がん検診を胸部レントゲンで行っていること自体が間違いでしょう。

通常の検診で行っている胸部レントゲン撮影は結核の検診です。結核は中心部に病巣があっても末梢のほうまで影響が出るので、レントゲンで発見しやすいのだと思います。

肺がん検診はCTでなければ無理です。レントゲンでは心臓などで肺が見えない部分があるからです。高齢者の肺炎もレントゲンでは見つかりません。含気率が高いから見えてこないといわれています。

胸部レントゲンで、肺がんの見落としがあったとすれば、心臓などの重なった部分か、鎖骨や第1肋骨などがある肺の上部の部分です。ただ、上部は通常のレントゲン以外に、両腕を上に上げた状態でレントゲンを取ればわかります。CTの初期画像を見てわかりました。1枚しか取らなかった検診レントゲンを2枚取るようにすれば、肺がんの見逃しも減ると思うのですがどうでしょうか?

12月 09 2018

ギャンブル依存症の問題について

Filed under: クリニックより

宝くじがネットで購入できるようになったと聞いたので、調べてみました。宝くじが当たっていたら、登録口座に当選金が振り込まれるようで、当選しているかどうかを調べる必要がないようです。

買い忘れがないように、購入予約もできるようで、宝くじ売り場に買いに行かなくて済むのは大変便利だと思います。でも、その一方で、ギャンブル依存症になるのでないかと不安になりました。

株取引や外貨預金などと同じように、お金が数字だけのものに変わってしまう気がしました。競馬も場外馬券場があると聞いています。現地まで行かなくても賭け事ができるのは便利な一方で依存症の原因になっている気がします。

カジノのことで、ギャンブル依存症がニュースになっていますが、カジノの問題だけではないと思うのは私だけでしょうか?

12月 08 2018

今年初めてのインフルエンザ患者さんを診ました

Filed under: クリニックより

4日ほど前、バイト先の病棟のスタッフでインフルエンザが出たと聞きました。直接会ってないので、インフルエンザの患者さんを診たのは今日が初めてです。

A型でした。インフルエンザにかかった子供さんと接触があったそうです。予防接種はされていましたが、まだ3週間たっていなくて、効果が出なかったようです。

一回飲んだら済む薬が出ているので、インフルエンザになっても昔のようにしんどいことはないようですが、嫌なシーズンに入ったなあって思います。

12月 06 2018

糖尿病の新薬が発売できない事態になったそうです

Filed under: クリニックより

夏に発売されるだろうと思っていたら、審査がうまく行かなくて、11月まで延期になったと聞いていました。ところが、11月もだめになり、1年以上先になってしまうそうです。この新薬は注射療法しておられる方が待ち望んでいたものです。本当に残念です。

延期になった理由として、日本の保険診療の”14日縛り”が大きく影響したそうです。日本で新薬が発売されても1年間は14日分しか投与できないのです。近所の開業医に通っている高齢者であれば14日おきでも通えますが、働き盛りの人には難しいはずです。

新しい注射薬は1本で4週間分入っていたため審査に通らなかったと聞きました。1回分ずつで廃棄するタイプへの変更を求められたそうです。そうしないと14日しばりをクリアーできないからだそうです。おまけに1回分ずつへの廃棄タイプへの変更が難しいらしく、一年では出来ないだろうというのです。

本当におかしな話です。14日縛りも守れないことが多く、裏で提案されているのは倍の量を投与して、14日分で28日分にすればいいという話です。処方箋薬局を使っているとこれは指摘されるとややこしくなるので、わたしはしていませんが、院内薬局の時にはしていましたね。

どちらにせよ、待望の新薬の発売がかなり延期になったことは本当にショックで、その理由があまりにばかげているので、脱力してしまっています。妊婦加算のように誰かが声を上げないとどうにもならないんだと思います。

12月 04 2018

休診のお知らせ

Filed under: クリニックより

12月4日(火)は誠に勝手ながら休診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承の程よろしくお願いいたします。

12月 01 2018

12月15日の診療を最後に少しのあいだ休診します

Filed under: クリニックより

12月15日土曜日、午前の診療が終了したら、当分の間休診させていただきます。病気療養のためです。2-3ヶ月かかると思います。診療再開はホームページ上でお知らせします。

最近、たびたび急な休診をせざるを得ない事態になっていました。私自身の検査や診察が入ったためですが、大きな病院はこちらの都合に合わせてくれるはずもなく、おまけに特定の先生に診てもらおうと思ったら、診察の曜日が決まっているんですね。

皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ありません。体のほうは元気なので、15日までしっかり診療しようと思っています。

11月 27 2018

思い出の品を整理していてたどり着いた結論

Filed under: クリニックより

子供のころから大学生ぐらいまでのいろんな品物を保存していました。子供のころのものは母親が集めていたのでしょう、成績表やいろんなものが出てきました。

驚いたのは、大学の成績表が父親宛に送られていたことでした。整理していてはじめて知ったのです。医師国家試験の模擬試験の成績表も出てきました。合格圏内でしたが、そんなものを受けた記憶もありません。

大学時代のものやバンドの記録、歌詞カードなども保存していましたが、見返すこともないと思い、捨ててしまいました。残しておこうと思ったのは、幼稚園と小学校の卒業アルバムぐらいです。

そのころまでの思い出だけで十分だと思ったからです。それ以降の思い出は必要ないと思いました。おかげで、ずいぶんすっきりしました。

震災や津波などで思い出の品をなくしたという話をよく聞きますが、なくす前に自分で処分すれば、無くす悲しみも持たなくていいなあって思いました。

11月 26 2018

処方箋薬局に行ってわかったこと

Filed under: クリニックより

普段使っている薬局ではなくて、医療機関の近くの処方箋薬局に行って見ました。それでわかったことがあります。最近は、薬局でも毎月保険証を確認するようです。

初回だったので問診表のようなものを書かされたのですが、症状を書くらんがあったり、持病に丸をつけさせるところもありました。薬局で言う必要がないので、何も書きませんでした。

チェーン店だったので、ポイントが付くと書いてありました。処方箋は医療のほうなので、ポイントなどはやってはいけないことに入っているはずです。薬局はいいんでしょうか?

お薬手帳は?と聞かれたので、持っていませんといいました。いつもなら、作る必要はありませんといいますが、最近、病院を受診するたびお薬手帳を提出するように言われるので、初めて作りました。

薬局でいろんなことを聞かれて、気分を害される患者さんが増えてきたのですが、こういうことかと少しわかりました。これからは、院内薬局にしていかないとならないなあと思いました。