当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初診)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー脂質異常症中性脂肪甲状腺消化器乳腺検査インボディOGTTダイエット総合診療科Q&A

糖尿病・内分泌内科/消化器内科/形成外科
ひらいクリニック
542-0081 大阪市中央区南船場3−2−6 大阪農林会館B−1号室

ようこそ、ひらいクリニック(大阪市中央区|心斎橋)のホームページへ。
当院では、糖尿病、低血糖症、生活習慣病などの内分泌内科、一般の外科、内科
の診察、ご相談を受け付けています。

当院は待ち時間を短縮するため、予約優先です。
(急病の方、怪我で応急処置を必要とされる方は直接お越しください。)
ご予約はメール予約(初診)(再診)又はFAX、直接来院でお願い致します。
(お電話での受付は一切行っておりません。)
ご予約の前に予約状況をご覧下さい。



ご挨拶 Message from Dr.KYOKO

心斎橋でクリニックを立ち上げ5年、外科医として局所麻酔での簡単な手術をするかたわら生活習慣病のデータを集め糖尿病学会に入会。
国際糖尿病連合(IDF)International Diabetes Federation アジア 太平洋地区会議で発表、糖尿病協会登録医に2年かけ登録し、糖尿病療養指導医の取得ができました。
糖尿病関連の講演依頼にも声がかかるようになり、少しづづですが発信できる場を与えてもらっています。これからは、この集めた糖負荷試験のデータの解析を始め、近々世界に向けて発表していく予定です。
日本での考え方のみならず、国際的な視野で治療を考え、患者さんの職業や指向、生活環境等を尊重し一人一人に合わせたオーダーメイド型の治療方法を相談しながら進めさせていただいています。「注射を減らしたい・内服を減らしたい・薬を減らしたい、頼りたくない』という方、海外からの一時帰国、遠方の方への対応もしております。治療変更の提案・相談だけでもかまいません。お困りの方がいらっしゃったら、お手伝いさせていただければ幸いです。


新着情報 What's New

8月 26 2016

ご飯は少ししか食べてないのに。。。。。

Filed under: クリニックより

膝の痛みで歩けなくなって救急搬送された方の話です。ご飯は2合炊いても二日持つとおっしゃいます。夫婦二人で2日なので、かなり少ないですね。

でも、体重増加で両膝への負担が増えて歩けなくなったわけで、話が合いません。おなかはビヤ樽のようです。どうみても、食べ過ぎているはずです。

間食は?と聞くと、それがダメなんだろうなと。。。枕元にはいつもお菓子を置いているらしく、アイスクリームはガリガリ君に変えたんだけどねえ。とおっしゃいます。

ご飯の量が少なくても、感触が多ければ意味がありません。クッキー1枚はごはん1膳ぐらいのカロリーがあるでしょう。お菓子は少量でも高カロリーです。

こういった場合、私は特にしかったりしません。自分で気が付いてくれないと変わらないからです。とりあえず、アイスクリームをガリガリ君に変えたことはほめてあげたいですね。

8月 25 2016

二度と先生の世話にはならないようにしますと言われた事

Filed under: クリニックより

アルバイト先で、男性の患者さんがおっしゃったことです。気に入らないことがあって、世話になりたくないといったのではなくて、病気は自分がちゃんと治すとおっしゃったんです。

笑顔で”世話にならないようにする”と言って去っていかれたのは、喜ぶべきでしょうね。刑務所から出所するのではないのに、そんな雰囲気に思ってしまいました。

どんな疾患で、どんな治療をしたのかも思い出せないのですが、出て行くときの彼の笑顔だけはなんとなく今も覚えています。

普段は忘れている話ですが、なんかの折に思い出してしまうんですね。彼は、元気にしてるのかなあって。。。

8月 24 2016

先生のブログに書かれないようにしなきゃ。。。。

Filed under: クリニックより

ある患者さんに言われた言葉です。書かれないようにするにはちゃんとしないとならないわけで、いいことだなって思いました。

ブログを読んでくれているんだとうれしく思いました。ブログには日々思ったことを書いていますが、毎日書いているわけではありません。

思いつくことが多い日、何も思いつかない日、書きたくても書く時間がない日、書く時間が一杯あるのに何も思いつかない日などさまざまです。

車の運転中に書く内容を考えて、車を降りたらすぐに書こうって張り切っていたのに、何を書こうって思ってたんだろうって思うこともあります。

そんなときは、再び車に乗って運転を始めたら思い出すんです。悔しいけど、日々、そんな感じで書いているんですよ。

8月 23 2016

医事課作業をやりだしたために、会計に混乱をきたしちゃいました

Filed under: クリニックより

本来医事課でやってもらう作業を、会計を早くするために自分でやるようになりました。そうすることで、受付で請求内容のチェックや修正をしなくて良くなるからです。

ところが、日々の会計以外にひと月単位で考えないとならないことがあったので、後日プロに来て修正してもらって、窓口の支払額が何度も変わってしまう羽目になりました。

何度も失敗しながら、修正を繰り返したので、今月は大きな問題は出ないと思います。何人かの患者様にはご迷惑をおかけして申し訳ないことをしました。

何事も勉強なので、今回のことも苦労はしましたが、勉強にはなりました。医療機関の窓口で支払いでかなり待たされる理由もわかりました。

スーパーのレジのようにいけばいいんですけどね、保険診療している限りはお役所仕事のような煩雑さが付きまとうようです。

8月 22 2016

関節注射がスムーズに出来るようになりました

Filed under: クリニックより

膝の関節注射は少し前からやりだしているので、少しなれてきた感じがありますが、最近、肩の関節注射をするようになりました。

手技ビデオを何度も見て、頭の中でシミュレーションするのですが、いざとなったら不安になるものです。でも、なんとかこなしていました。

ある日、腹をすえてやらないといけないと思い、思い切りよくすることに変えました。イメージ的には腹筋に力を入れたという感じでしょうか

そうすると、なんとスムーズに行くことか。。。やはり、迷いが良くなかったのだと改めて実感しました。

注射のあと、回らなかった肩が回るようになりましたなどと聞くと、なんとなくうれしくなりました。リハビリだけでは、劇的に良くならないので、注射も必要なんだなと思いました。

8月 21 2016

学校給食の実態を中学生から教わりました

Filed under: クリニックより

学校給食がここの学校での調理から集中管理されるようになり、調理施設から各学校に運ばれるようになっているそうです。

そうなってから、おいしくないのか40%が廃棄されるようになったようです。多くの子供が、食べ残して、学校帰りにコンビニなどで何か買って食べているそうです。

2018年には小学校から運び込むなど、給食の方法も変わるそうですが、それは話しをしてくれた中学生が卒業してからになるようです。

病院でも同じように工場から病院食が運び込まれるようになっているので、同じだなと思いました。人に食事を提供するのではなくて、まるでブロイラーへの餌の配給のように感じます。

学校給食は食べるものがない時代に、子供だけでも栄養価の高いものを食べさせようとしたもので、現在のように肥満児が多い時代に行うべきものでしょうか?

8月 20 2016

お好み焼きとごはん、ラーメンとチャーハン。。。。

Filed under: クリニックより

お好み焼きとごはん、ラーメンとチャーハンなど主食をダブルで食べる機会が多い人が肥満傾向だそうです。確かに、でんぷんばかりでよくないイメージです。

これは、大阪の文化だといっていましたが、そうでしょうか?お昼の定食にこんなセットが多いことは知っていましたが、糖質オーバーになることは確かですね。

私は、昼ごはんはでんぷん中心になってもいいでしょうと話しています。午後の活動で消費するだろうし、外食でバランスよくって言うのは難しいだろうからです。

肉体労働されている方は、主食ダブルなんてどうってことないでしょう。でも、事務職など活動量が少ない方には、問題があるでしょうね。

結局は量なので、自分の活動量に合わせて、残すってことも必要なんだと思いますよ。

8月 19 2016

朝の味噌汁にちょうどいいお豆腐をみつけました

Filed under: クリニックより

朝の味噌汁に入れる豆腐はツインパック豆腐と呼ばれている豆腐を使っていました。でも、一度に使い切れないし、消費期限が短く、少し困っていました。

それで、最近は充填豆腐で、4つの充填豆腐を使っていました。消費期限も少し長いので、使いやすい感じでした。ところが最近、新たなツインパックを見つけたのです。

従来のツインパックの半分の量なので使い切れます。充填豆腐は取り出すのが大変ですが、水に浮かべたタイプなので、出すのも楽です。

朝の味噌汁のストレスがましになりました。些細なことですが、ストレスに感じていたのです。ちゃんと消費期限内に使い切ったらすっきりします。

こういったストレスは男性にはわからないと思います。

8月 18 2016

週一回でよくなった薬

Filed under: クリニックより

糖尿病で使う注射薬が週1回で済むものができて、使っている人は便利になったと喜んでいます。同様に、内服薬でも週1回でいいものが出たので、使ってみようと思います。

ただ、内服薬は毎日飲む薬がある人は、1種類だけ週1回に変えるとややこしいかもしれません。逆に飲み忘れになると思って今まで使わなかったのです。

注射薬でも、毎朝打つ癖がついたからと週1回の注射への変更を望まない方もいます。確かに、週1回だと量も多くなるのです。薬によっては溶かす手間が大変かもしれません。

どんな薬でも週1回にできるかというとそうではありません。血圧の薬でも、下がりすぎたら中止した方がいいのですが、1週間効いてしまうと下がりすぎの時に困ります。

糖尿病で週1回になった薬は血糖値が下がりすぎることはないので、1週間効きっぱなしでも問題がないのです。

8月 17 2016

ひやむぎって見かけなくなりましたね

Filed under: クリニックより

私の子供のころは、そうめんは高価な大人の食べ物でした。子供はひやむぎのことをそうめんだと思って食べていたものです。最近は、そうめんを食べる機会が増えましたが、高級なものは細すぎてしっくりきません。

それで、ひやむぎのことを思い出して、スーパーで探したのですが、見かけないのです。何件か探してやっと一種類見つけました。ひやむぎのほうが歯ごたえがしっかりしていたと思います。

メロンだと思って食べていたまっかうりも見かけなくなり、和歌山まで探しに行ったことがあります。やっと見つけて、食べると懐かしい味でした。私は、メロンが嫌いなので、まっかうりがいいんです。

むかし、当たり前にあったものが、なくなってしまうのはさびしいことですね。子供のころに食べていたものは、見つけるととても懐かしいです。

ひやむぎはまだ食べていないのですが、どんな味がするのか楽しみです。