当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初診)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー脂質異常症中性脂肪甲状腺消化器乳腺検査インボディOGTTダイエット総合診療科Q&A

糖尿病・内分泌内科/消化器内科/形成外科
ひらいクリニック
542-0081 大阪市中央区南船場3−2−6 大阪農林会館B−1号室

ようこそ、ひらいクリニック(大阪市中央区|心斎橋)のホームページへ。
当院では、糖尿病、低血糖症、生活習慣病などの内分泌内科、一般の外科、内科
の診察、ご相談を受け付けています。

当院は待ち時間を短縮するため、予約優先です。
(急病の方、怪我で応急処置を必要とされる方は直接お越しください。)
ご予約はメール予約(初診)(再診)又はFAX、直接来院でお願い致します。
(お電話での受付は一切行っておりません。)
ご予約の前に予約状況をご覧下さい。



ご挨拶 Message from Dr.KYOKO

心斎橋でクリニックを立ち上げ5年、外科医として局所麻酔での簡単な手術をするかたわら生活習慣病のデータを集め糖尿病学会に入会。
国際糖尿病連合(IDF)International Diabetes Federation アジア 太平洋地区会議で発表、糖尿病協会登録医に2年かけ登録し、糖尿病療養指導医の取得ができました。
糖尿病関連の講演依頼にも声がかかるようになり、少しづづですが発信できる場を与えてもらっています。これからは、この集めた糖負荷試験のデータの解析を始め、近々世界に向けて発表していく予定です。
日本での考え方のみならず、国際的な視野で治療を考え、患者さんの職業や指向、生活環境等を尊重し一人一人に合わせたオーダーメイド型の治療方法を相談しながら進めさせていただいています。「注射を減らしたい・内服を減らしたい・薬を減らしたい、頼りたくない』という方、海外からの一時帰国、遠方の方への対応もしております。治療変更の提案・相談だけでもかまいません。お困りの方がいらっしゃったら、お手伝いさせていただければ幸いです。


新着情報 What's New

1月 22 2017

海外のスキー場が変わりだしているそうです

Filed under: クリニックより

欧米からも北海道にたくさんすべりに来られるようになって、海外のスキー場が自国のスキーヤーにサービスを始めたそうです。それで、欧米から北海道へ来られる人の数は減っているそうです。

確かに、自分の国に良いスキー場があるのに海外に取られるようでは困りますよね。どんなサービスを始めたのか知りませんが、当たり前の話だと思います。

私も夏に南半球に行って滑っていましたが、北海道があるから、高いお金を出して南半球まで行く必要がないと思うようになりました。

でも、南半球にはそれなりに特別な楽しみ方があるんですけどね。。。。。ま、日本で温泉につかってのんびりする方が良いのかなと思うようになりました

1月 21 2017

転院のための救急搬送が増えているそうです

Filed under: クリニックより

救急車で病院に行った後で、他の病院へ転送になることがあります。専門的な病院での治療が必要な場合です。その、転院搬送の件数がすごく増えているそうです。

それを減らすために、転院搬送の依頼書を作ることが検討されているようです。しかし、脳出血が見つかったり、心筋梗塞だったりして急を要することが多いのに困った問題です。

転院搬送が増えた理由として、総合病院が減って専門病院が増えていることが考えられます。昔は、どこでも病院と名がつけば総合病院でした。

ところが、すべての科をそろえて医療を行うのは、経済的に困難なので専門病院に変わって来ています。そんな現状を踏まえず、転院搬送が増えたから減らす方向へ動くって、おかしくないですか?

1月 20 2017

診察受付番号をもらうのに朝の5時から並ぶそうです

Filed under: クリニックより

知り合いのお母さんが通っている病院は、診察の受付番号を6時から配るそうです。それをもらうために5時から並ぶそうです。診察は9時からなので、4時間も前に行くわけです。

そうやって早い番号をもらっても、3時間はかかるそうです。それっておかしくないですか?待たせることが常識の病院にとって、患者さんを待たせない工夫など必要ないと思っているのでしょうね。

他の病院でも、怪我の消毒に行くだけで、3時間かかると聞きました。それだけ待たせても、”明日、また来てください”と平気で言うそうです。

駐車場でも、どこが混んでるとかどこが空いてるとかマップでわかる時代です。医療機関も、マップで混雑状況が確認できるようになったらいいと思います。

1月 19 2017

意識障害の原因がCO2ナルコーシスだったとは。。。

Filed under: クリニックより

COPD(慢性閉塞性呼吸障害)の病名があって、意識障害で運ばれてくれば、CO2ナルコーシスじゃないかとすぐ思うのですが、病名が複雑だと気がつきにくいものです。

ひどい糖尿病があって、血糖コントロールがついていない場合、高血糖か低血糖の意識障害だと考えます。おまけに、肝硬変があって高アンモニア血症があれば、肝性昏睡を考えます。

両方とも血液検査で否定できますが、施設では検査が難しいので、判断に困ります。結局、血糖もアンモニアも問題なくて、CO2ナルコーシスだったのだろうということになりました。

CO2ナルコーシスは血液ガスで検査しますが、これは病院でないと無理な検査です。一般の採血は施設でも出来ますが、結果が出るのに2日ほどかかります。

病院だったら簡単に診断がつくのに、施設では案外難しいものです。

1月 18 2017

ペーパータオルで大騒ぎ。。。。

Filed under: クリニックより

診察した後で手を洗ってペーパータオルで手を拭くのですが、水分を十分吸い取らないし、ごわごわして嫌だったのです。コストをかけるものでもないので、我慢してました。

ところが、いろいろ調べてみると1パック100円のペーパータオルは月に1パック程度しか使っていませんでした。それなら、200円のものにしてもいいのじゃないかと検討していたら、近所のドラッグストアーでも購入できるとわかりました。

スーパーでは見かけないので、業務用で取り寄せが必要だと思っていたのです。送料を無料にするために20パックずつ購入していたようで、ペーパータオルの保管にかなりの場所もとっていました。

切り替えは早い方がいいので、12パックをバイト先の事務長に渡して、病院で使ってもらうことにしたのです。病院ならすぐにはけますからね。。。なんでも、ちゃんと調べた方がいいですね。

1月 17 2017

毎年、震災のときの報道が流れる日です

Filed under: クリニックより

阪神大震災が起こってしまった1月17日、ところが私のごく身近に1月17日が誕生日だというひとが3人もいます。妹が1月17日だったのですが、同じ誕生日の人と知り合ったときは驚きました。

ところが、最近知り合った方で、実は高校の同級生だったとわかった方も1月17日だったのです。受診していただいたので、誕生日を知りました。

私のごく身近に3人もいるってびっくりします。でも、震災の日が誕生日だという3人はお気の毒です。私の誕生日は3月31日ですが、今のところ何かあった日だとは聞きませんから。

年に一度の誕生日だから、大事にしたいものですね。

1月 16 2017

ウッドストックが人気になってきました

Filed under: クリニックより

スヌーピーが好きなんですかとよく聞かれるのですが、私が好きなのはウッドストックです。ところがウッドストックの製品って少ないし、小さいのです。

カナリアがモデルだから、あまり大きなものがないようです。最近、たくさんのウッドストックが描かれたキャラクター商品を見かけるようになりましたが、私は一匹だけのものが好きです。

スヌーピーがウッドストックを抱っこしている画像が一番好きです。ウッドストックの話ばかりしていると、ファンも増えだしました。今まで、ウッドストックの存在を知らなかった人まで、名前を覚えてくれました。

なんとなく、ウッドストックファンの輪が広がりだしています。

1月 15 2017

ポケモンをゲットして腰痛緩和

Filed under: クリニックより

ポケモンゴーに熱中するあまり、散歩して腰痛が緩和された人がいます。ポケモンゴーは運転中にやって事故をするなど問題も生じていますが、運動量を増やす目的にはとても良いゲームです。

高齢者にさせることで、活気が出たという話も聞いたことがあります。歩かないとダメみたいなので、歩けない人には向かないかもしれません。

そういえば、たまごっちってゲームがあったねって話になりました。ごはんをあげたりトイレの始末をしてあげないと死んでしまう悲しいゲームでした。

わたしは、ゲームはしないのでよくわからないのですが、足腰の悪い高齢者が上半身だけでも運動になるようなゲームが開発されればいいなと思います。

1月 14 2017

HbA1cが大幅に下がってくると、みな笑顔になります

Filed under: クリニックより

糖尿病になって、HbA1cが高くなるとなかなか下げることが出来ません。薬や運動をがんばっても1.0下がったらいいところなんです。

コントロールが悪い人は10を越えているので、6台まで下げようとすると3以上下がらないとなりません。一種類の薬で1.0下がるとしても3種類は飲んでもらわないとなりません。

運動や食事療法で下がるのは0.5ぐらいじゃないかと思います。がんばれば下がると思ってがんばってもなかなか思うように下がってくれないと皆がっかりするんです。

ところが、ビデュリオンという注射薬はHbA1cが13以上あった人も7ぐらいまで下げてくれました。一種類の薬で6も下がるのは驚異的です。患者さんの笑顔がたくさん見れるようになりましたよ。

1月 13 2017

足をすくっても命が救えないこと

Filed under: クリニックより

高齢の方で、足の血流が悪くなる方があります。ある日突然、色が悪くなり真っ黒のミイラのような指になってしまうのです。早めに気づいたら血管を広げる点滴をして足は救うことができます。

ところが、血管が開くと足の血流はよくなっても、血管内脱水になり脈が速くなります。その結果、心臓に負担をかけて命を落としてしまうこともあります。

手足の色が悪くなるのは、動脈硬化が進んでいるためですが、血流が悪くなりだす時期にも意味があるんだと思います。体の中心部を守るために、手足の血液を中心に集めるんでしょう。

手足がミイラ化した方は逆に長生きされていることも見ますので、足の血流を増やして足を守ることが本当にいいことかどうか疑問に感じます。でも、結果的に分かるだけなんですけどね。。