当クリニックは予約優先です

予約状況予約(初めての方)予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/形成外科/ (予約優先) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来OGTT検 査 脂質異常症甲状腺消化器インボディ総合診療科スタッフ募集

命がけでかにを食べたと言う話

アナフィラキシー体質のある方が、ある時発作が生じかけたのですが、エピペンを打つことなく、命がけでかにを食べたと言う話をされました。結局、かにを食べても何も起こらなかったそうです。

発作の予感が起きても、呼吸困難が生じなければエピペンは打たなくていいのですが、命がけでかにを食べたのはどうしてなのか聞いてみました。

かに旅行だったことと、どうせ救急車で運ばれるなら、かにを食べてからにしようと思ったからだそうです。確かに、エピペンを打ってもすぐに救急病院へ行くように指導しています。

結局、発作はすぐにおさまって、無事にかにが食べられたので、よかったと思うのですが、なんとも笑ってしまう話です。でも、同じことが自分におきても、命がけで食べるだろうなって思いました。

Comments are closed.