当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初めての方)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来OGTT検 査 脂質異常症腹水甲状腺消化器乳腺インボディダイエット総合診療科

HbA1cが6.2をどう考えるのか

HbA1cは5.8までが正常です。検診で、前年度6.3で今年は6.2と少し下がっています。本人に症状はなく、HbA1cだけが3年前から引っかかっているだけだといいます。

糖尿病でも早い段階だと考えられますが、糖尿病治療の目標は7.0未満です。合併症予防のためにHbA1cを7.0未満にすればいいわけで、6.0未満は正常血糖を目指す場合です。

正常血糖を目指さないとならない場合がどんな場合なのか疑問です。本人に自覚症状がなければ、そこまでしなくてもとおっしゃるでしょう。

耐糖能異常の段階から動脈硬化は始まっているので、HbA1c6.2でも動脈硬化は進んでいっているはずです。食事と運動だけ改善して、薬は飲みたくないというでしょう。

ところが、HbA1c6.2でも糖負荷試験をするととんでもない高血糖が見つかりました。インスリンの分泌もすでに減りだしていました。糖負荷試験の結果を見て初めて、薬による治療が必要だと理解してくれました。

Comments are closed.