当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初めての方)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来脂質異常症中性脂肪甲状腺消化器乳腺インボディOGTTダイエット総合診療科

心臓を守るための食事とは

米国心臓協会が心臓を守るためには、1日の早い時間にたくさん食べて、遅い時間にはあまり食べない方が良いとコメントしているようです。

理由は夕方には糖質の処理が悪くなるからだそうです。食事のタイミングにより心臓病になる確率が変わるとされています。

何回に分けて食べたらいいのかについては、食欲のコントロールが出来ない人は、回数が少ない方が良いとか、インスリン抵抗性がある人は頻回に食べない方が良いとか、回数より一日量が重要だと書かれています。

一番大事なことはストレス、悲しみ、退屈などを紛らわせるために空腹でないのに食べていないかを自分に問いかけることだそうです。

内容だけ見ると糖尿病の食事療法と同じだと思いました。結局、臓器を守るためには、食事に関する知識と”食べる前に考えること”だろうと思います。

Comments are closed.