当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初診)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来脂質異常症中性脂肪甲状腺消化器乳腺インボディOGTTダイエット総合診療科

Home >> 11月, 2009

更年期障害ですませていいのでしょうか?

Posted on: 土曜日, 11月 21st, 2009 in: クリニックより

 40代になると何かと不具合を更年期障害のせいにしがちです。更年期障害は病気としては扱われにくいので、家族も大して心配をしてくれませんが、本当に更年期障害なのでしょうか?更年期に入ったかどうかは血液検査で、FSH(卵胞刺激ホルモン)とE2(エストロゲン)を測定すればわかります。更年期障害とされている中に、うつ病や低血糖症、糖尿病の初期、脂質代謝異常、血管障害などはっきりした症状がないものの、れっきとした病気が多く含まれていると思います。これらの病気は婦人科ではわかりにくいので、婦人科を受診される前に、ぜひ内科を受診されることをお勧めします。

体の中心はどこでしょうか?

Posted on: 日曜日, 11月 8th, 2009 in: クリニックより

 中心はおなかとイメージできますよね。腹筋が中心だと思います。特に腹筋運動でつける腹筋よりインナーマッスルが大事だと思います。スポーツはもちろん腹筋を絞めていないと重心もくるってきますし、日常生活でも同じことが言えると思います。重力に逆らって2足歩行している以上、そして一番重たい頭を体で支えている以上、歩くこと一つでも腹筋をしっかりしていないと足腰にも負担が出てきます。特に女性は腹筋が弱い人が多いですので、普段から心がけるようにしたほうがいいと思います。腹筋のインナマッスルを鍛える運動としてはピラティスがお勧めですが、習いに行っても短時間しかしないのであればあまり意味がないので、普段から腹筋に意識を集中して生活するほうが大事なのだと思います。また、腹筋は前にある腹直筋だけでなく、脇腹にも斜めに腹斜筋というのがありますので、おなかをギュッと絞るイメージで腹筋に力を入れることが大事です。こういったことは排便習慣にもつながっていきます。是非とも普段から実行してみてください。

低血糖症について

Posted on: 水曜日, 11月 4th, 2009 in: クリニックより

 消化のいいものを食べて、3時間ほどして手が震えたり、しんどくなったりしていませんか?ひょっとしたら反応性低血糖かもしれません。体がだるくて仕方がないとか夜も何度も起きてしまうなどの症状が低血糖から起きていることがあります。この症状の方の一部は、うつ病と診断されていたり、すぐしんどくなるため引きこもりを起こしている可能性もあります。検査は採血検査でできます。朝食をとらないで来院していただければ、糖水を飲んで、3回採血することで、糖に対する反応を見ることである程度の診断ができます。女性の方は生理前に検査したほうが反応が分かりやすいかもしれません。検査は予約制ですので、予約を取ってから来院ください。