当クリニックは予約優先です

予約状況予約(初めての方)予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/形成外科/ (予約優先) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来OGTT検 査 脂質異常症甲状腺消化器インボディ総合診療科スタッフ募集

糖尿病・内分泌内科/消化器内科/形成外科
ひらいクリニック
542-0081 大阪市中央区南船場3−2−6 大阪農林会館B−1号室

ようこそ、ひらいクリニック(大阪市中央区|心斎橋)のホームページへ。
当院では、糖尿病、低血糖症、生活習慣病などの内分泌内科、一般の外科、内科
の診察、ご相談を受け付けています。

当院は待ち時間を短縮するため、予約優先です。
(急病の方、怪我で応急処置を必要とされる方は直接お越しください。)
ご予約はメール予約(初診)(再診)又はFAX、直接来院でお願い致します。
(お電話での受付は一切行っておりません。)
ご予約の前に予約状況をご覧下さい。



ご挨拶 Message from Dr.KYOKO

ひらいクリニックは開院 7周年を迎えました!

2010年10月9日、心斎橋にクリニックを開院いたしました。
外科医として局所麻酔での簡単な手術をするかたわら生活習慣病のデータを集め糖尿病学会に入会し、国際糖尿病連合(IDF)アジア 太平洋地区会議で発表、糖尿病協会登録医に登録し、2年かかって糖尿病療養指導医を取得しました。
はたらく人を支援したく、勤務時間内に気軽に受診していただけるように完全予約制にし、待ち時間のない医療を実行しています。
職業や指向、生活環境等を尊重し一人一人に合わせたオーダーメイド型の治療方法を相談しながらご提案させていただいています。
「注射を減らしたい・内服を減らしたい・薬を減らしたい、頼りたくない」という方、治療変更のご提案・ご相談だけでも結構です。お困りの方がいらっしゃったら、お手伝いさせていただければ幸いです。


新着情報 What's New

8月 16 2018

久しぶりに救急搬送に同行しました

Filed under: クリニックより

高次機能病院へ人工呼吸器に乗った患者さんの搬送に同行しました。昔は、アンビュウという酸素を手動で送るバックをもみながらの搬送でしたが、今は違うのですね。

コンパクトな人工呼吸器を病院がレンタルしてくれて、業者さんが設定して使い方を教えてくれて、救急車に乗りました。相変わらず救急車の乗り心地は悪く吐き気がしそうでした。

高次機能病院に着いたら、すぐ帰れると思ったらCTを撮りに行く間、コンパクトタイプの呼吸器を貸してくださいと言われ、戻ってくるまで待たされました。

高次機能病院でもコンパクトタイプの呼吸器は持ってないようでした。まってる間に若い看護師に”昔はCV3000って言うでっかい呼吸器でダイアル式だったんだよ”って話していました。

デジタルに変わってますが、設定内容は30年前と変わっていません。いろいろ進化した部分と何も変わってない部分と、なんかおかしいなって思いました。

昔、患者さんの転送中に救急隊員と話しをしていて、救命救急出身だと言う話が出て、その後の救急隊員の態度が激変したことを思い出しました。一般病院の医者は馬鹿にされがちなのです。でも、救命にいたことを知ると態度が変わる、それもどうかなって思いましたけどね。

8月 13 2018

ブロック塀の問題は建築物扱いになってないことだと思います

Filed under: クリニックより

新築した家の塀で同じ経験をしたことがあります。家は有名なハウジングメーカーが建てたのですが、塀に関しては下請けの造園業が作ったようです。確かに、家が建ったあとで庭と外壁を作っているので、ハウジングメーカーはかかわってないのでしょう。

ブロック塀には補強が入っていなくて、地震でも起これば倒れて歩道に落ちるため、アルミの軽い塀に変更してもらいました。ブロックで塀を作るのは、簡単なので、造園業の方が作るのだと思います。

ブロック塀はコンクリートの打ちっぱなしの建造物とはまったくつくりが違います。丈夫だからと思っているかもしれませんが、接着に使われているコンクリートは簡単にはがれるようで、はがれているのをよく見かけます。

報道では、ブロック塀を補強したほうが安く上がるなどと言っていますが、すべてアルミなど軽量なものに変えるべきだと思います。プロがすることだから任せておこうな土と思わず、自分で調べることが大事だと思います。

私は、おかしいと思ったら別のプロの人に相談します。納得できる回答が得られるまで調べています。人の話を鵜呑みにしないことが大事だと思います。

8月 07 2018

夏季休診のお知らせ

Filed under: クリニックより

8月14日(火)・8月16日(木)は休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承の程よろしくお願いいたします。

8月 06 2018

医学部が女性の合格者を減らすように操作していた事件について

Filed under: クリニックより

医学部が女性の合格者を減らすように操作していたという話については、コメントする気はなかったのですが、いろんな人に聞かれるので、コメントしておこうと思いました。女医が結婚などで医者の仕事をセーブするかどうかが問題なのだと思います。

私の同期は30人ぐらいいましたが、20年目の同窓会のとき引退したのは一人で、ほかはバリバリに働いていたのでびっくりしました。私の世代では医者と結婚した女医が多かったのですが、多くは男性が研究などをして女性が生活を支えていました。

大学では男性たちは研究を続けたかったら女医と結婚するのがいいといってました。それぐらい、女医は稼ぎを当てにされていました。若い女医たちは医者とは結婚せず、一般の方と結婚して男性が家事と育児をしているケースもよく聞きました。

男性の放射線技師がアルバイトしかしてないので、なぜか聞いたら、女医と結婚したので自分が家事と育児をしていると自信を持って話していたのも印象的でした。時代が変わったんだなあと思いました。

医学部を受験するときに医者になってからどうするのかなど考えていませんでした。医者になってからも、普通に結婚して子供を作ると思っていましたが、子供が出来ても医者を辞めることなど考えたこともありません。

医者一人作るのに税金が何千万も投入されていると聞きます。なので、医者として働き続けることは当たり前のことだと聞かされてきました。女医が子供を生んだらまともに働けないだろうと思っているのは男性の医者たちのほうで、そうなる前に基礎に追いやったり勤務をはずしたりしていました。

男性だからちゃんとやれるのかというとそうではありません。私の後輩は手術を教えて一人前に育てても、技術を捨てて内科になったり小児科になったりしてました。いくら育ててもすぐ逃げてしまうなら、教える必要はないと思ったぐらいです。

日本の医療の世界はびっくりするぐらい男尊女卑が残っています。それが当たり前だと思っているから、女性の合格者を減らすなんてことが当たり前に行われていたんだと思います。その辺を根本から変えないといつまでたっても同じことが繰り返されると思います。

8月 03 2018

ビジネスホテルが乱立しています

Filed under: クリニックより

クリニックの周辺は、この2年ぐらいでビルの取り壊しとビジネスホテルの建築が頻繁に行われています。こんなにたくさんのビジネスホテルが必要なのかなって思います。

アメリカでは、民泊の普及でビジネスホテルの需要が減り、その空き部屋を使ってマンションのように月極めで貸すようなビジネスが出てきたそうです。

マンションの家賃が32万円、ビジネスホテルだと18万円で朝食付き。。。。日本はどうなるだろうと考えたら、ビジネスホテルのオーナーがもともとマンション経営の会社だったりするので、ワンルームマンションに変更できるように立てているのかなあと思います。

ワンルームマンションの需要も減ったらどうするのかなと考えたら、サ高住というサービス付高齢者住宅にするんだろうなって思いつきました。

高齢者社会になっていく日本では、その方法が一番確実かなって思ったのです。

8月 02 2018

本日より受付不在になります

Filed under: クリニックより

受付嬢が先月末で退職されたので、本日より受付は常駐しません。来院されたら、チャイムを鳴らしてお待ちください。処置中の場合、すぐに出られませんので、お待ちいただくことになります。

10年以上前から、会社などの企業では受付は電話が置いてあるだけになっています。内線で訪問したことを伝えたら人がでてくるというシステムです。クリニックもそれでいいのじゃないかと思うようになりました。

思い出したのは、高齢の産婦人科の女医の医院でした。古い木造の受付で”すいません”と声をかけたら、奥から女性が出てきました。診察室は白いカーテンの向こうで窓が開いているようで、気持ちいい風が入ってきていました。

そんな環境の中で古い内診台に上がって内診してもらいました。内診ってすごく嫌なことなのに、嫌な気分にもならなかったことを思い出しています。そこは、高齢になったご姉妹がされているようでした。

クリニックもそんな感じがいいんじゃないかって思います。多くの医療機関は待たせることが当たり前で、そのために待合にいすがたくさん並べられています。そんな今の常識が嫌で完全予約制にして待たせない医療をしてきました。

今後も待たせない医療はしていくつもりですが、外科なので処置中はすぐに対応が出来ません。といっても、5分もかからないと思うので、静かに待っていていただければと思います。

7月 27 2018

医学部入学だけでは医師になれないという記事を読みました

Filed under: クリニックより

不正入学のニュースから書かれた記事のようでした。確かに内容はあっています。国家試験の合格率は90%で10%は不合格になります。

合格率を上げるために私立の医学部では大量の留年者を出し、10年ぐらい大学にいる人もいました。国家試験がハードなことも書かれていました。2日間みっちりありますから。。。

でも、問題は医師免許を取ってからでしょう。自分にあった専門科を選ばなければ能力も発揮できません。私が外科を選択したときは反対する人もいました。

でも、結局、外科を選んだのは正解だったと思います。性格的にも内科向けではないからです。手先も器用だったようで、手術などの手技は自然と身につきました。

こんなに苦労して医者になっても、ふがいない人に罵倒を浴びせかけられたりすることもあるわけで、なんとなくテンションが下がってしまいますよね。

7月 24 2018

昼の移動でいいことを思いつきました

Filed under: クリニックより

真昼間に車で移動しなくてはならないのですが、昼まで車は炎天下に駐車しているので、クーラーが効かないぐらい暑くなってます。

屋根のある駐車場がないかといろいろ模索しましたが、見つかりません。仕方なく、汗をかきながら移動していたのですが、いいことを思いつきました。

アイスボックスと言う氷を食べながら移動してみたのです。そしたら、少しましでした。それでも、移動が終わるころには氷は解けてしまいます。

熱中症予防に”水”ではなくて、今年は”氷”を奨めようかと思います。今年のような猛暑では”水”ではまにあいませんから。

7月 21 2018

東京でイルカショーを見てきました

Filed under: クリニックより

講習で東京に行ったついでにイルカショーを見てきました。イルカショーは白浜、京都、みさき公園など、何箇所かで見てきましたが、東京のは少し違いました。

前のほうの席は水がかかりますよと何度もアナウンスがあったのですが、どこのイルカショーでもそういうアナウンスがあるのであまり真剣に聞いていませんでした。

でも、前のほうの席の人が雨合羽を着だして、本格的にかかるのかなと思いました。ショーが始まってみて、なぞが解けました。イルカがわざと水をかけて回るんです。

水といっても海水なので、かかってしまったら大変です。ショーが終わった後はタオルを配ってくれる配慮もあり、東京は違うなあって思いました。

7月 20 2018

結核の診断で悩まされています

Filed under: クリニックより

Tスポットという検査が出来て、結核の診断が難しくなっています。従来であれば、痰の結核菌PCRが陰性であれば、排菌していないといえたのですが、Tスポットが陽性になると難しくなります。

CTやレントゲンで結核が疑われた場合の話なので、画像診断で疑いがなければ検査しません。結局、活動性の結核が否定できないから、結核専門病院に移ってもらうことになりました。

結核の検査の際、抗酸菌症というものも出てきます。結核に似ているけど人から人へは移らないものです。抗酸菌症ということになれば、病院を移る必要はないのですが、治療は結核に似ています。

大阪の中心部ではなくて、少し南の地区なのですが、最近結核が増えているそうです。理由のひとつに、生活保護が増えたからだといわれています。

公共の公園から路上生活者が締め出されるようになってから、生活保護の人が増えたそうです。でも、路上生活していた人は今どこで生活しているんでしょうか。