当クリニックは予約優先です

予約状況予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/形成外科/ (予約優先) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来OGTT検 査 脂質異常症甲状腺消化器インボディ総合診療科

経鼻内視鏡と経口内視鏡を受けてみての感想

最近、経鼻内視鏡が主流になっているようで、バイト先の病院でも”経鼻内視鏡をしてくれる先生”を探しています。上部消化管内視鏡は二人の先生が出来ます。でも、二人とも経口にこだわります。わたしの年代はそうですね。経鼻は開業医の先生が気軽にやるもので、病院ではすべきでないと考えています。

最近、両方とも経験してみて、思ったことを書きます。内視鏡前の麻酔は経口の方が楽です。3分間麻酔のゼリーを口に含んで、3分経ったら飲み込むだけ。味はついていますが、粘調で飲み込みづらかったです。昔はこの後でスプレーで麻酔を吹いていたと思いますが、セデーションを選択していたので、その後寝てしまいました。

経鼻内視鏡では、何度かにわけで鼻の麻酔、喉の麻酔があり、これも結構しんどかったです。特に、喉の麻酔はそれだけでもえづきました。鼻からの場合、セデーションはかけませんから、そのまま検査が始まり、鼻の奥が痛かったこと、喉を通過するときえづいた事、胃に空気を入れられるとなんどもえづいた事、全部覚えています。利点は画面で自分の胃の中が見えること。。。(あまり見たくなかった)

経口内視鏡はセデーションをかけてもらったので、気がついたら回復室のベットの上でした。喉の痛みもなく、何があったのかよくわからない状況でしたが、検査が終わったんだなと思いました。その日は、半日ぐらいふらふらしていたので、仕事の合間には無理だなと思いました。

結局、経口内視鏡の方がセデーションをかけてもらえば楽に検査が受けられるのに、回復室がないと経鼻のほうになってしまうようです。回復室で1時間ぐらい寝かせておかないと帰せないからです。検査としては、やはり経口内視鏡の方がしっかり見てもらえると思います。

Comments are closed.