当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初めての方)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来OGTT検 査 脂質異常症腹水甲状腺消化器乳腺インボディダイエット総合診療科

インスリン離脱という考え方

インスリンからの治療変更と説明してきたことが”インスリン離脱”という言葉を使うとはじめて知りました。離脱できるかどうかは本人の残存すい臓機能によりますが。。。

Cペプタイドという血液検査を受けてください。空腹時でCペプタイドが0.4と低ければ、インスリン離脱は出来ません。0.8以上あれば離脱を試してみてもいいでしょう。

最近聞いたのですが、0.5しかなくてもインスリンとの併用で、GLP-1が使えるそうです。わたしは経験したことがないので、機会があったらやってみようと思います。

治療変更が可能なのは、残存インスリン量を測ってからになるので、慎重に行なわないとなりませんが。。。

Comments are closed.