当クリニックは予約優先です

予約状況予約(初めての方)予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/形成外科/ (予約優先) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来OGTT検 査 脂質異常症甲状腺消化器インボディ総合診療科スタッフ募集

サプリメントは一切禁止しています

 サプリメント類はクリニックでは一切禁止しています。たとえばブルーベリーが目にいいという話は、医学的根拠なしとされています。そういったことを載せている本もあります。もし、ブルーベリーが目にいいとすれば、サプリメントで取ることは禁止しています。元々、ブルーベリーの実を食べた人が、目にいいと感じたからそういう情報が出たのでしょうから、摂取するなら生の実で取るべきでしょう。

 当クリニックでは、食の基本を重要視しています。伝統的な食事がなぜあるのか、それを考えてもらっています。便秘にいいからとヨーグルトを食べている方があります。本当でしょうか?発酵食品で、”菌”を取りたいなら、日本人なら納豆でしょうと話します。また、便秘にい食品ってあるんでしょうか?一番いいのは線維ですよね。それなら、日本にはこんにゃくといういい食品があります。便秘薬で一番いいのは、こんにゃくでしょうと話しています。寒天もそうですよね。海藻からできたいい食品です。そいういったものを無視して、からだが治るでしょうか?

 便秘にいいものに朝食も入ります。特に、朝食に野菜をしっかり取ると、先頭になる便が水分を含んで出しやすいものになります。それだけでも、便秘は解消するのです。玄米に変えたら、便秘が治ったという方もあります。玄米が良かったのではなくて、玄米を食べるためにおかずが和食になったからでしょうと話します。単独の食品で、何かが良くなるはずがないからです。

 伝統的な文化には必ず意味があります。なぜそうなってきたのかを考えれば、わかるはずです。もう一度、日本を見直してみてください。それが、一番の薬になると思います。

Comments are closed.