高血糖と低血糖のひらいクリニック

アクセス
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/形成外科/ (予約優先) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   外科OGTT検 査 脂質異常症甲状腺消化器総合診療科

もうすぐ今年も暮れようとしております。

年齢のせいかあっという間の一年でした。今日ブログを書くことにしたのは、わたしの一年を振り返ってみようと思ったからです。

常々、患者さんにはよりよい看護を提供しようと、そして失礼のないようにと考えながら勤務をしております。でも、うまく伝わらなかったり、失礼にあたる行動をとったりしたかもしれませんが、それを反省して今後に生かしていこうと思います。
医療はサービス業とも言われていますが、それはどんな職業も同じだと考えています。目の前に相対する人がいる限り、相手に不快な思いをいだかせないよう気を配るのは一緒だと思うからです。

ひらいクリニックでは患者さんも業者の人もビルの方もすぐに友達になってしまいます。患者さんとはしょっちゅう大笑いをしています。きょうこ先生にそれを話すといつも嬉しそうに聞いておられます。医療を提供する現場は何も特別な場所ではないんです。クリニックに制服が無いのも患者さんと私たちの間に垣根ができないようにと先生が考えられた事だと思っています。看護師は他業種の方と接する事が少なく世界が狭くなる傾向にありますが、ここではいろんな方とお話しをする機会があります。待合室に置いてあるミシンの調子が悪くなった時は、診察を待っておられる患者さんと一緒に動かそうとしました。うまくいかず、最終的には購入元の群馬県のミシン屋さんに何度も連絡をとり、修理を終えることができました。また、クリニックの一周年パーティーの時、場を盛り上げていただこうとちんどん屋さんをご招待したのですが、この方々とも打ち合わせをさせていただいたりしました。出会えば出会うだけいろんな方のひととなりが拝見でき、病院勤めをしていた頃では考えられないような体験をさせていただいております。

そして、クリニックは勉強ができる環境にあります。例えば、エコーの検査と言えば医者や検査技師の分野だと決めてかかってたのですが、ここでは看護師も講習会に参加させていただいています。私も腹部エコーと乳腺のエコーを受講してきました。又、業者の勉強会には看護師はもちろん事務のスタッフも参加しております。線引きをせず各自が自分の目線で医療に関わっていっています。

ひらいクリニックは毎日診療がありません。それ以外の時は何をしているの?って、よく周りの方に聞かれます。診察が無い時は、みんなそれぞれ別々の所で働いているんです。たいへんね。。とも言われますが、私にとっては日々リフレッシュができ、全く別の角度から物事を捉えることができる恰好の環境なんです。おおげさに言えば二つの人生を歩んでるって感じです。

患者さんには少しでも笑顔で帰っていただこうとよく先生と話しております。
診察にお越しの患者さんは気軽に私たちにお声をかけていただきたいと思っております。。。

どうぞよいお年をお迎えください。 ( 文責: 艶子)

Comments are closed.