当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初めての方)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来脂質異常症中性脂肪甲状腺消化器乳腺インボディOGTTダイエット総合診療科

Drニューボールドについて

1993年に73歳で死亡(1921~1993)

肉食を中心としたダイエットを提唱
オーソモレキュラー療法を実践

1990年ごろ、低血糖症に6時間のOGTTを推奨していましたが、本の中で、OGTTをちゃんと判断できる医者がいないと書かれていました。私も同感です。

当時、低血糖を見つける方法は、これしかなかったと思います。現在では自己血糖測定装置を買えば、自分でも検査できますし24時間血糖測定装置なら、確実に診断できます。

低血糖症に肉食を提案していますが、確かに、肉中心にすれば低血糖症の症状は軽減しますが、将来的には糖尿病発症につながると思います。

現在では、耐糖能異常に対して糖の吸収を遅らせる薬が保険適応されています。

また、低血糖症はアレルギー反応だとも言っています。アレルギーとはたんぱく質に対して起こすもので、糖に対しておきるものではありません。原因がわからないから、アレルギーとして片付けたのだと思います。

1900年代に行われていたことをITの進んだ現代に復活させる必要はないと思います。