当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初めての方)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来OGTT検 査 脂質異常症腹水甲状腺消化器乳腺インボディダイエット総合診療科

Home >> 6月, 2017

口腔内の大改造をしています

Posted on: 火曜日, 6月 20th, 2017 in: クリニックより

20歳代でインプラントを入れてから、歯では苦労してきました。今回、過去の問題点含めてすべてのメンテナンスを始めたのです。

インプラントは入れっぱなしではだめなようです。最近のインプラントは着脱できるようになっていますが、私が入れたのは20年ぐらい前なので、着脱できません。

それで、上の冠を取って作り直しになりました。心配されていたインプラント自体は問題なかったようなので、ひとまずホッとしています。

かみ合わせの調整から始まって、時間をかけてすべての問題点を解決して、今ある歯を長く使えるようにしています。歯は大事ですからね。

ブヨに噛まれたみたいです

Posted on: 月曜日, 6月 19th, 2017 in: クリニックより

蚊に刺されたと思っていたところが、3日ぐらいしてからひどい炎症を起こし、周囲にかゆみが広がっていきました。発赤の範囲も見る見る広がっていき、びっくりしました。

抗生物質とステロイドの軟膏を出してもらいましたが、しつこいかゆみは収まらず、冷却したりメントールの塗り薬を塗ったりしましたが、改善せず、ステロイド入りの抗アレルギー剤を飲みました。

ステロイド入りの抗アレルギー剤は最強の薬ですが、それでも効果が十分じゃなくて、最大量まで増やしました。結局、3日ほどして治まってきたのですが、ネットで調べてびっくりしました。

どうも、蚊ではなくてブヨとかアブとかだったみたいです。アウトドアのスポーツをする人は良く知っているそうです。私もアウトドアのスポーツをしますが、冬のスポーツなので知らないわけですね。

名古屋城を見てきました

Posted on: 日曜日, 6月 18th, 2017 in: クリニックより

名古屋には仕事で何度か行ったことがあるのですが、名古屋城は見たことがなかったのです。学会で名古屋に行ったついでに、今度こそお城を見ようと思ってみてきました。

しゃちほこが有名で、レプリカが置いてあったのですが、本当に大きいものでした。でも、お城はかわいい感じで、大阪城をイメージしていたので、ちょっとがっかりしました。

敷地も大阪城ほど広くなく、お堀にも水がなかったです。お城は高いところにあるものだと思っていたのですが、名古屋城は平地に建っていました。

しゃちほこをイメージしたお土産がいっぱいありました。どれも、かわいくて、思わず買ってしまいそうになりました。名古屋城よりしゃちほこが人気なんだなって思いました。

栄養成分表示に疑問

Posted on: 土曜日, 6月 17th, 2017 in: クリニックより

栄養成分表示は100gあたりのグラム数で書かれています。これを見たところで、よくわからないのが現状です。栄養バランスとしていいといわれているのはたんぱく質13~20%脂質 20~30%炭水化物50~65%です

でも、これはカロリーのうち何パーセントかということで、グラム表示ではわかりにくいと思います。ある食品の表示で95kcal たんぱく質2.6g脂質4.6g炭水化物 11.0gと書かれていました

これをカロリーに変えるとたんぱく質10.4kcal脂質41.4kcal糖質45.9カロリーで、パーセントに変えるとたんぱく質10.9%脂質43.3%糖質45.9%となります

たんぱく質・脂質・炭水化物はおおよそ1:1:2がいいバランスなので、この食品は脂質が多いとわかります。栄養バランスは1日に食べたものすべてで見るのですが、単発でもわかる方が良いと思います。

%表示にすれば、”今日は脂質の割合が高いものが多かったから、夕食では控えめにしよう”って思いやすいと思います。糖質制限した食品は脂質過多になっているのでご注意を!

困った交差点があります

Posted on: 金曜日, 6月 16th, 2017 in: クリニックより

道路標識はうまく出来ているもので、交差点に入る手前に右折レーンがどうなっているかわかるようになっています。矢印を見れば、直進してて大丈夫かどうかわかるのです。

ところが、一ヶ所、気がつけば、右折専用レーンに入ってしまう場所があります。右2車線が右折専用に変わってしまうのです。

事前に表示があるのかもしれませんが、いつも気がつきません。右折車が多いからそうなっているのだと思いますが、通るときはいつもガラガラなんです。

まっすぐいけそうな風景だから、余計に間違って右折レーンに入ってしまうんですよ。大阪教育大学付属小学校の前の交差点なんですけどね。。。同じ経験ないですか?

セサミストリートに自閉症のキャラクターが出来たそうです

Posted on: 木曜日, 6月 15th, 2017 in: クリニックより

セサミストリートに自閉症のキャラクターが出来たことで、自閉症の理解がすすむんじゃないかって期待されています。子供のころから、そういった特徴のある人がいると知ることはいいことだと思います。

海外のアニメでは糖分を取るとテンションが上がりすぎておかしくなってしまうキャラクターもいます。実際、糖質の取りすぎは子供の精神状態にも影響していると思います。

海外では当たり前に流れている情報も、日本ではなかなか流れないなあと思います。多動症という病名も、日本ではまだ知られていなかったころに、アメリカでは当たり前に話題に出ていました。

ネット社会で、いろんな情報が入りやすくなっている一方で、知らせるべき情報はアニメなどを使っても、強制的に知ってもらうってことが必要なんだと思います。

徒歩通勤より自転車通勤のほうが死亡リスクが低いそうです

Posted on: 水曜日, 6月 14th, 2017 in: クリニックより

自転車通勤と徒歩通勤に関して、死亡リスクを調べると、自転車通勤のほうが死亡リスクが低かったそうです。自動車通勤は比較していないようで、最初からリスクが高いと判断したのかもしれません。

自転車通勤する人は、膝の痛みなど運動による障害がもともとない人たちだろうと思うので、一概には信用できないと思います。

日本では自転車のマナーが悪いので、これ以上自転車が増えてほしくないと思います。走行中も危ない走り方の人がいるし、駐輪のマナーがなっていないと思います。

都会のビルはもっと駐輪場を作るべきだし、街ぐるみで自転車のマナーの改善をすべきだと思います。私も自転車に乗りますが、少しの距離なら歩いて移動しています。

駐輪場が整備されていないので、買い物ひとつとっても自転車では行きにくいって思います。

となりに保育園ができました

Posted on: 火曜日, 6月 13th, 2017 in: クリニックより

もともと、結婚式の2次会で使うイタリア料理の店だったのですが、いつの間にか閉店してました。長い間、何も店が入らなかったのですが、ようやく保育所になったようです。

近所にあった、ペリカンというおいしいランチの店も、移転してしまいました。移転先ではダックという名前に変わっているそうです。

印鑑屋さんがなくなって、クリーニング屋さんになったり、宝石やさんがなくなってドラッグストアーになったり喫茶店がなくなって、宝石の下取りやさんになったりめまぐるしいです。

シャッターが閉まったままになってから、何の店があったのか思い出せないこともあります。リニューアルオープンしたのにそれから程なく閉店した店は前を通るたびに何があったんだろうって思いました。

都会はどんどん変わっていくのかもしれませんね。昔ながらの店がまだやっているのを見ると、ほっとします。

歯科との連携で見えてきたこと

Posted on: 月曜日, 6月 12th, 2017 in: クリニックより

昔から地元の歯科医院と連携していました。血痰が出るという訴えで、痰ではなくて、唾液だと思ったことがあります。歯周病がないか聞くと、歯科では、歯周病はないといわれているといいます。

信用できないので、私の知っている歯科医院に行ってもらったら、結構ひどい歯肉炎が見つかり、それを治したら、”血痰が出る”という訴えもなくなりました。

最近では、難治性の口内炎が、知り合いの歯科に受診してもらって口内炎の塗り薬によるカンジダが原因とわかり塗り薬をやめて保湿剤に変えたら治ってきた例もありました。

原因不明の歯痛で地元の歯科でよくならないので、友人を紹介しましたが、いったんよくなり再発して、別の歯科医院を紹介したら、かみ合わせ調整ができていないとわかり治療が始まった例もあります。

歯がちゃんとしていないと、糖尿病含め、食事療法が必要な治療ができません。歯は大事ですよ。

製薬メーカーから弁当をもらうと処方が増えるそうです

Posted on: 日曜日, 6月 11th, 2017 in: クリニックより

海外の論文ですが、製薬メーカーから弁当をもらうと処方が増えるという結果が出たそうです。処方数と弁当の回数は比例して、高額な弁当のほうが処方回数が増えるそうです。

なんとも不謹慎な話に思えますが、実際は薬の講義を聞くときに弁当をいただくわけで、薬の効果がよくわかったから処方が増えるのだと思います。

よくあるのは、昼ごはん時に医局で行われています。クリニックでも薬局と合同で製薬会社の話を聞いていた時期もありますが、最近は、時間の都合がつかずにやっていません。

こういった勉強会は、だんだん、弁当会と呼ぶようになり、一部に弁当目当てだけの人が出てくるので、私はあまり好ましいと思わずやめてしまうということを繰り返しています。

弁当つきの薬の勉強会は熱心に足を運んでくるMRさんだけの特権で、めったと来ない製薬会社にはしてもらわないほうが一般的だと思います。決して悪いことではないと思います。