当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初めての方)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来OGTT検 査 脂質異常症腹水甲状腺消化器乳腺インボディダイエット総合診療科

脂肪分の多い食事は肥満へのブレーキが外れるようです

食べすぎを押さえるホルモンであるレプチンは脂肪細胞から出るようです。日本食では、少し食べ過ぎてもレプチンが出てきて、食欲にブレーキをかけるそうです。

ところが、肉中心の脂肪分の多い食事を取ると、レプチンが効かなくなって、肥満にブレーキがかからなくなるそうです。脂肪が脂肪を呼ぶんでしょうね。

肥満になってしまうと、もっと悪循環に入ってしまうようです。肥満の方のウエイトロス指導をしていると、太りだしたぐらいだとまだ努力をするのですが、ある一定の時期を越えると諦めるようです。

太っていることを考えたくなくて、諦めてしまうのか、脂肪が脂肪を呼ぶから考えなくなるのかわかりません。そんな方でも、ちょっとしたきっかけで体重を落とす方向で動き出すこともあります。

常にダイエットしなきゃって考えているのも良くないのですが、諦めてしまうのはもっとだめだと思います。

Comments are closed.