当クリニックは予約優先です

予約状況予約(初めての方)予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/形成外科/ (予約優先) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来OGTT検 査 脂質異常症甲状腺消化器インボディ総合診療科スタッフ募集

高齢者の薬の多さにやっとメスが入るようです

高齢者がたくさんの薬を処方され逆に体調を壊していると、やっと厚労省が動くようです。来年にはガイドラインが出るようです。やっとそこまできたかって思います。

薬が多いのに高齢者が文句を言わないのは、日本特有の親切心による薬の一包化に原因があります。朝昼晩と薬を一袋にまとめてくれているから、多いというイメージを持たないのです。

朝、昼、晩、それぞれ1錠ずつシート包装から出して飲めば、多いって感じるはずです。ところがその手間を省いたために何の薬を飲んでいるのかすら知らないのが現実です。

糖尿病で数種類の薬を飲まされて、インスリンまで打たされている人も、薬の相互作用で逆に悪化していて、薬を整理して、シンプルにしたら糖尿病が良くなってきたこともあります。

日本の医者は薬を減らすという方法を知らないんだと思います。これは、製薬会社が減らし方を教えないからだと思います。売ることしか考えていない製薬会社の責任でもあると思います。

Comments are closed.