当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初めての方)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来OGTT検 査 脂質異常症腹水甲状腺消化器乳腺インボディダイエット総合診療科

脳にとって必要な糖質の量

脳が1日に消費するブドウ糖の量は120gだそうです。1gが4Kcalなので480Kcalということになります。食事の中の糖質が480Kcalなければ、脳が働かないということになります。

ダイエット中に頭がボーっとしてくるのは、脳に糖分が足りていないのだと思います。からだは糖分が足りないと思ったら、脂肪を糖質に変えたりして補給します。

生命維持に必要なところに先にカロリーを配分するのです。でも、本来は一時的な飢餓状態への対応なので、カロリー不足が長くなれば、からだは違った対応をすると思います。

糖質を一番必要としているのは脳なので、脳を守るためにも糖分の制限のしすぎは良くないと思います。

Comments are closed.