当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初めての方)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来OGTT検 査 脂質異常症腹水甲状腺消化器乳腺インボディダイエット総合診療科

降圧剤で血圧が下がりすぎることってあるのか

降圧剤で、血圧が下がりすぎて薬を減量することはあります。特に夏場は減らすことが出来ます。でも、血圧が下がりすぎて、死に至るようなことはない様に思います。

施設などでは、血圧は低めにしています。高くなるとお風呂に入れてもらえないから、患者さんがかわいそうなんですよ。それに、高いと何度も測られるので、余計高くなってしまうんです。

血圧が低くても、ふらついたりしなければ大丈夫だと思います。血圧の薬で、血圧が40とか50などと致命的な値まで下がってしまうことはない様に思います。

血圧が下がりすぎると脳梗塞を起こすといいますが、脳梗塞を起こした人がひどい低血圧だったと言う経験もありません。本当のところはどうなのか、よくわからないですね。

Comments are closed.