当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初診)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来脂質異常症中性脂肪甲状腺消化器乳腺インボディOGTTダイエット総合診療科

Home >> 5月, 2014

大量に薬が捨てられている事実を知っていますか?

Posted on: 土曜日, 5月 31st, 2014 in: クリニックより

医療機関は、緊急用薬剤など使われずに終わってしまう可能性が高いものも準備しておかなければなりません。そういったものが、使用期限が過ぎると大量に捨てられているのです。

別の医療機関に持って行けば、1日に何十本と使われる注射薬も別の医療機関だと年に1本だったりします。それであれば、期限が来る前に使ってくれるところに持って行って交換してもらえばいいはずです。

でも、そういったシステムはないに等しいのです。薬の卸の業者がその辺の調整をしてくれたら、一番いいのですが、彼らは売るだけです。それなら、交換手数料だけ取って、病院間のデットストック処理をする企業が必要でしょう。

手数料商売って、資本金が要らないので儲かると思います。小さな病院は、はけなくて抱えている薬で困っています。大量に捨てられていく薬をなくすためにも、誰か立ち上がってくれるとうれしいですね。

おいしいプリンをいただきました

Posted on: 金曜日, 5月 30th, 2014 in: クリニックより

とろけるプリンというような表現だったと思います。口どけがよくって、おいしくいただきました。でも、成分を見ると生クリームが入っています。最近のプリンは本来の約プリンと違って、固めるプリンのようです。

焼きプリンは、卵黄と牛乳で出来ています。焼くと固まるのは卵黄のせいでしょう。ところが、最近はやりのプリンは冷やして固めるタイプで、昔はゼラチンなどを入れていたようです。

とろけるプリンと書かれたものは、主成分が乳脂肪になっていて、本来のプリンとは別物になっています。乳脂肪が多いから、口の中でとろけておいしく感じられるし、高級に思えるんです。

でも、乳脂肪の取りすぎは万病のもとなので、どうなのかなって思います。特に、乳脂肪は意外な隠し味に使われていることが多く、材料を見て初めて知ることがたびたびあります。

おいしいものをいただいたときは、是非材料の部分にも目をやってほしいと思います。

こっそり、ダイエット指導しています

Posted on: 木曜日, 5月 29th, 2014 in: クリニックより

大々的には宣伝しないのですが、こっそりダイエット指導をしていて、その効果も出ています。ダイエットの指導は、ちょっとした間違いを変えるだけなので、簡単なのですが、その間違いを見つけることが難しいのです。

ひとりひとり、内容が異なるため大々的に宣伝はしていません。市販されているダイエット用のドリンク剤などを飲ませれば、ダイエットなんて簡単なのですが、体重が落ちても筋肉が落ちてしまったら意味がありません。

クリニックでは、筋肉量を管理しながら体重を落としていく指導をしています。管理栄養士も二人いて、それぞれ違った指導をしてくれます。がんばってみようと思われる方は、ぜひお越しください。

糖尿病の治療中断が意外と多いそうです

Posted on: 日曜日, 5月 25th, 2014 in: クリニックより

糖尿病の治療を中断している人が、意外と多いようで、それに対する対策を立てるようです。でも、それって糖尿病だけでしょうか?症状がないから、治療しなくなると言っていましたが、それなら高血圧、高脂血症も同じでしょう。

なぜ問題になるかというと、透析になってしまう人がとても多くて、透析施設が間に合わないし、透析にかかる医療費がばかにならないからです。日本は、高額医療に対して補助をしているので、医療費が高額になっても個人の負担は高額にはならないようです。

では、どうやったら治療を継続してもらえるのか。。。報道では通院を中断している人にはがきを出したら来てくれたと言ってました。私は、追跡調査をしていたので、そういう作業をかなりやっていましたが、来てくれるのはごくごく一部です。

糖尿病で病院にかかっていた患者さんから聞いたのですが、月一回、先にレントゲンと採血をしてその結果が出るまで1時間程度待ってから医師の診察だけど、検査の結果で薬が変わることもなく、同じことの繰り返しだったと。

毎月病院に来てもらうのにも理由があります。特定疾患管理料の加算が毎月できるから、病院は出来るだけ毎月来てほしいのです。でも、病院に行くと半日がかりだし、医師の診察の前に検査が行われるのはおかしなことです。医師は診察してから検査依頼をしないとなりませんから。

治療中断の最大の原因はお金がかかるからだそうです。これは、栄養指導や生活指導を徹底すれば薬を減量できるはずなので、やれないことじゃないと思います。血液検査も最低限のものだけにすれば、医療費は削減できます。

時間がないというのも理由にあったと思います。病院は平日しかあいていませんから、有給を取って通うとなると年に12日の有給がつぶれてしまいます。ほとんどなくなりますよね。では、有給を使わなくていいようにするには。。。。。病院が日祝日をあけるべきなのではないでしょうか?

もっといいのは、電子媒体を使ってやり取りして、薬は郵送にすることです。でも、医師法で診察なしでの投薬は禁じられています。なんでもネットで買える時代です。性病検査もネットで受けられる時代なのに、投薬だけが行かないともらえないのはおかしいと思います。

確かに事前検査も必要ですが、それは事前に夜遅くに採血だけしてもらうとか方法はあると思います。HbA1cだって、1日7回の血糖測定値から推測値が出せるので、それで代用できるでしょう。

クリニックでは、安定している人は出来るだけ3カ月投薬にして、検査結果はコメントをつけて郵送対応しています。病状が安定していない方にも、メールで頻繁に連絡を取り頻回に通院しなくていいようにしています。

病院は平日の昼間だけなんて”常識”が治療中断を増やしているんだと思います。コンビニがこれだけ普及したのだから、医療機関も努力すべきだと思います。

里親捜し。。。

Posted on: 土曜日, 5月 24th, 2014 in: クリニックより

里親と行っても人間ではありません。ねこの里親を捜しているんです。独居老人が施設などに入所してしまったら、ねこが一人っきりになるそうです。介護の人たちが交代で面倒を見に行っているそうです。

なぜ、ねこは一緒に入所できないのでしょうか?飼い主にとっては家族だったはずです。施設で犬を飼っているところもあるし、高齢者が元気になると猫を飼っているところもあります。

ねこは家に着くと言いますが、飼い主がいなくなった家で一人でいるのは寂しいでしょう。こんなところも、行政が配慮してくれればいいのにって思います。

高齢者の一人暮らしが増えて、ペットが飼われているケースも多いと思います。どうすればいいのか、みんなで考えないとなりませんね。

ジェネリックメーカーを選べないのはおかしいと思いませんか?

Posted on: 金曜日, 5月 23rd, 2014 in: クリニックより

昔は、血圧の薬を出しますねと言うと”武田にしてくれ”などと製薬メーカーを選ぶ患者さんがいました。製薬メーカーの方ですかと聞くと、違うけど会社を選びたいとのことでした。

最近は、先発品で処方を出しても、処方箋薬局でジェネリックをお勧めして、変更してくることが多いです。ところが、ジェネリックメーカーは山ほどあって、信頼できる会社はいくつかないと思っています。

病院であれば、ジェネリック導入の時に、信頼できるメーカーにしてくれと薬局に言うことができますが、処方箋薬局は山ほどあるので、どうなっているのか把握できません。なので、ジェネリックを勧められた時どのメーカーか聞いてほしいと思います。

会社の概要はネットでも見られるはずですし、評判も出てくると思います。私はなるべく先発品をお勧めしますが、ジェネリックでもちゃんと効果が出ることも知っています。しかし、効果の程度はわかりません。同じ人で調べてみないとわからないからです。

協力してくださる方がいらっしゃったら、一度実験してみたいものですね。高脂血症の薬なら、明らかに数字で出てくるので、面白いかもしれません。現在も、ビタミン剤で注射薬と内服薬の効果の程度を調べることに協力してくださっている方もいらっしゃいます。

製薬会社任せのデータでは不正や改ざんがあるので、信用できなくなっていますから、自分たちでデータを集めていこうって考えています。

環境整備。。。。

Posted on: 木曜日, 5月 22nd, 2014 in: クリニックより

新しい職場に行ってまず行うことが環境整備です。導線を一番大事に考えるので、どう整備すべきかは自ずと決まってきます。あとは、誰がゴーサインを出すか。。。。

看護部長という職種は、医師にも指示ができますので、とても強い地位だと思います。看護部長のとっさの判断で、動かなかったものが動き出し一気に片付きました。

細かいところは、現場のスタッフが適宜変えていくと思います。大きな流れだけ作ったら、後は自然に流れていくのです。新しい風が吹き出した職場は、とても楽しい場所になりました。

何も変わらないと思っていても、絶対あきらめないことが大事だと思います。あきらめずにいれば、いつかことが動き出すからです。動かない時期にはそれなりの理由があるので、無理しないことですね。

YQ ARTMAN さんをご紹介します。

Posted on: 水曜日, 5月 21st, 2014 in: クリニックより

YQ_clinic_s

クリニックに展示していますこのエネルギッシュな作品、ご覧になったことがある方もおられると思いますが、

新人アーティストのYQさんが描かれました。

元気がでる太陽をイメージしたこの作品、販売していますのでご興味を持たれた方はYQさんと是非交渉を!!

YQさんの詳しい情報はコチラ

 

また直接作品を見てみたいという方、ぜひクリニックにお越し下さい。

受診じゃなくても大丈夫です!

書道教室、開催しました

Posted on: 月曜日, 5月 19th, 2014 in: クリニックより

初めて書道をされる方、小学校以来の方、私と3人で先生に習いました。1時間程度でも結構できるものですね。みなさん、自分の名前を書く練習をされていました。

私は、上の段を取っていく準備に入りました。実は、3種類の段を持っていたようで、3種類の試験を受けていくことになるようです。上の段は簡単には取れないようなので、自宅での練習も必要になります。

夏場は、特に何もしていないので、書道を頑張ろうと思います。

痔疾患専門の製薬メーカー

Posted on: 日曜日, 5月 18th, 2014 in: クリニックより

時疾患専門の製薬メーカーの担当者がよく訪問してくれます。私は、痔は薬で治すものではないので、しょっちゅう来ても協力できないよって言います。でも、勉強になるからとよくやってきてくれます。

製薬メーカーは自社製品についてはよく知っていても他社製品の情報をあまり持っていないようです。それで、彼は来るたびに自社製品の宣伝もしますが、いろんなことを質問します。

製薬メーカーの訪問は、自社製品を使ってくれとしきりに言われるので私は好きではありません。でも、開業医で処方箋で薬を出していると宣伝にも来なくなります。以前よく来ていたメーカーも、担当者が代わってから、質問があっても訪問せずメールで返答してくる始末です。

顔を見て話すことで、初めてわかることもあるので、失礼な話だと思います。新薬がひっきりなしに出てきますので、どうやってその情報を集めたらいいのか非常に問題だと思います。

年に一度でも、新薬ばかりの情報会みたいなものを開催してほしいものです。ボーっとしていたら、すぐ世間に取り残されてしまいますから。。。