当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初めての方)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来OGTT検 査 脂質異常症腹水甲状腺消化器乳腺インボディダイエット総合診療科

クールフーズがはやっています

でも、それって駄目ですよ。冷たい食べ物と飲み物ばかり取っていると、胃腸が弱ります。胃腸には免疫力があるので、弱ってしまうと免疫が下がります。夏風邪はそのせいで起こると思います。熱中症予防は今はクーラーしかありません。からだを冷やしたいなら、首を冷やしてください。おなかは、冷やしてはだめです。

特に、子供さんは胃腸を冷やしてばかりしてはいけません。子供は小さくて道路などからの熱にさらされやすいので、定期的にクーラーのきいた場所や、日陰に入れてください。冷たいものばかり与えてはだめなんです。

昔は、熱中症なんてほとんどなかったです。熱射病になれば、日陰で冷たい手ぬぐいを頭に置いてもらっていました。それだけで、治っていたものです。クーラーをつけるから、外気温が上がる。じゃあ、クーラーの熱を何かに使えないのかって思います。アスファルトが増えたから、都会の温度は上がりっぱなし、それを発電に使えないのでしょうか?

逆境をプラスに変える。発想の転換だけで、出来るはずですよ。

Comments are closed.