当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初めての方)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来OGTT検 査 脂質異常症腹水甲状腺消化器乳腺インボディダイエット総合診療科

天神祭は花火じゃないんです

天神祭が終わりました。天神さんが、地元を見て回る祭りだそうです。長い行列が老松通りを通っていきます。3時に天神さんを出発するそうです。先頭の集団の中で、房のようなものを振り回している人の目には、ものすごい気迫を感じました。そのあとで、傘を持っている人は、優しそうな笑顔で、きれいな踊りを披露されていました。たくさんの子供たちも、暑い中で必死で踊って、大人たちが氷を頬張らせていました。

馬は、白馬がいたのですが、今年は黒い馬に変わっていました。そばにいたおじさんの話では、高齢だったそうです。最後にみこしが2台。担ぎ手の形相は、ものすごいです。長い行列を見終わったら、なんだか気持ちがすっきりします。テレビは、花火ばかり見せますが、最後に天満宮に神輿が戻っていく場面は、本当に荘厳です。町全体が、神様の恩恵にあずかれる日だと思います。

近くにいたおじさんが話していました。神輿の担ぎ手は、やくざだったと。でも、警察が入ってきて排除したから、2年間止まってしまったんだと。あんなもの、素人には担げないって。そのそばにいた男の人は、布団太鼓を担いでいたそうです。堺の祭りです。かつぎ手の肩は、膨らんでいるそうです。腫れてしまうんでしょうね。天神祭では、警察は見て見ぬふりになったそうです。だから、神輿の担ぎ手は、浴衣を脱いだらみんな入れ墨が入っていると言ってました。

本当のことかどうかはわかりません。でも、この暑い中で長い時間行列の中で神輿を担ぐのは、本当に大変なことです。私は、なんとなく、血圧あがってないでしょうねって思いながら見ていました。沿道に椅子を出して眺めていたおばあさんが、本当にうれしそうだったのが印象的でした。祭りを見るために、いつまでも元気でいるんでしょうね。

Comments are closed.