当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初めての方)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来OGTT検 査 脂質異常症腹水甲状腺消化器乳腺インボディダイエット総合診療科

効果的な節電方法は何でしょう?

連日、テレビで夏の節電の報道がされています。一番大変なのは、電力使用量が多い工場なのだと思います。大阪は中小企業が多いそうですから。でも、工場の中で、クーラーを節約すると熱中症が気になります。特に、年齢が高くなると脱水になってることにきずかなくなりますから。熱中症予防には、お茶やお水ではなくて、スポーツドリンクを飲んでください。電解質バランスが悪くなってしまうからです。汗をかいた分、補給する必要があります。

節電を一番実行してしまうのが、ご老人だと聞きます。一番脱水に弱い人たちです。それ以外にも、地方から出てきた若い人たちが、大阪の暑さを分からずに、節電されて脱水を起こします。地方より都会のほうが暑いと言うことを理解していないのだと思います。

何をすれば一番節電になるのでしょうか?そう考えるとき、思いだされるのがオイルショックの時のことです。考えれば簡単です。昼間はテレビを放映しなければいいのです。みんなが昭和初期に戻って、ラジオで過ごせばいいのです。でも、そんな提案、テレビが言うはずありませんよね。。。。。

Comments are closed.