当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初診)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来脂質異常症中性脂肪甲状腺消化器乳腺インボディOGTTダイエット総合診療科

Home >> 3月, 2011

50年という年月

Posted on: 木曜日, 3月 31st, 2011 in: クリニックより

 50年という年月は、50周年記念として祝ったりするわけで、その間続いたことは本当に喜ばしいものなのだと思います。私の父は会社を経営していましたが、彼の死後人手に渡ってしまい、その後どうなっているのかは知りませんでした。一昨年の夏に、たまたま会社のあった場所の近くを通り、更地になっているのを見て、会社のことを調べました。

 会社は移転して、3代目の会長が継続されていました。父のことはあまり知らなかったので、会長に会いに行って、なぜ会社が存続できているのかを質問しました。父の信念が変わらなかったこと、それを今でも貫いているからだと説明を受けました。その年、会社は50周年だったようです。そういう時期に、会社を思い出したことは何か運命に誘導されたと思いました。

 50年間、継続して何かをするということは、ひとりの人間では無理です。同じ意思を持った人が集まったからこそ継続していけたのです。そっちのほうがすごいことだと思います。昔も社員が50人ほどいたと思います。社員は入れ替わっていきますので、現在私のことを知っている人は、ひとりだけだと説明されました。創業当時の社員はもう誰も残っていないと。父に会ったことがある人も少ない状況です。それでも、ひとりの思いを続けてくれているんです。

 その後、私自身も会社を起こしましたが、一番のライバルは父の会社です。父以上の会社を作らないと、人生の目標を達成できないと思うからです。株式会社というのは、社会貢献するべきものだそうです。個人事業主というのは、個人の収益を作るものなので、法人化というのは、いかに責任のあるものかわかると思います。そう思って、企業や医療施設を見ていくと面白いかもしれません。

 今日、誕生日を迎えたので、50歳になりました。単に年齢を考えるのではなく、自分が生きてきたこの50年を振り返って、新たな50年の始まりだと感じています。年齢は、自分で決めるものと普段は話をしています。年だから無理という言葉が嫌いだからです。82歳のお爺さん弁護士さんに出会って、私などまだ子供だなと感じました。元気な年寄りのいる大阪にしたい、そう思ってクリニックを始めました。子供が笑う大阪を作ろうと思えば、年配の方々の協力が必要です。

 いい街にしていこうと思えば、たくさんの人の協力が必要です。震災など不幸な出来事もありましたが、暗い思いで過ごすより、元気に過ごすほうが、なくなった方たちへの弔いにもなると思います。大阪だけでも、元気にしたい。これからもそれは変わりませんね。

インフルエンザが再び流行りだしたようです

Posted on: 土曜日, 3月 26th, 2011 in: クリニックより

インフルエンザ治療の注射薬としてラピアクタが認可されています。
ノイラミニダーゼ阻害剤といって、従来のインフルエンザの治療薬と同じ作用です。

 感染した細胞からインフルエンザが放出される際に必要なノイラミニダーセを阻害することで、インフルエンザの体内での増加を防ぐというものです。

 1回の注射を行うだけで、タミフルを5日間飲んだのと、ほぼ同等の効果がある、と言われています。しかし、注射薬ですので、内服できる方はなるべく内服薬のほうを使ってください。胃腸障害が出て内服できない方や重症化しそうな方に使うほうがいいと思います。

 ただ、院外薬局が閉まっている日曜日や祝日、年末年始などは、こういった注射薬があると助かります。高熱を出している方が、処方箋薬局を探してうろうろされるより、点滴を打ってすぐに自宅に帰っていただくほうがいいでしょう。

 でも、そう考えると、国が医薬分業にしてから、インフルエンザがはやりやすくなったかもしれませんね。今まで点滴の治療薬はなくて、内服しかなかったのですから、高熱を出した人が、病院で会計を待ってから処方箋薬局に行って投薬と会計を待つようになったのですから、周りがうつされる機会が増えたともいます。

 インフルエンザウイルスは感染力が強く、同じ部屋にいるだけで感染するといわれています。なので、新型がはやりだしたときは、疑いのある人は別の部屋に通して別の出口から帰ってもらうほどの気の使いようでした。ならば、自宅でインフルエンザの検査をして、陽性なら、医療機関からバイク便で薬を配達できるようにすればいいのではないでしょうか?そうすれば、流行はかなり抑えられると思います。

 しかし、保険制度では、本人が医療機関を受診しないとならないとされています。自費診療にするとどうでしょうか?自費診療には、国の規制はほとんどないようです。バイク便の案も、可能かもしれません。検査は、キットで出ているので、サンプルを取るのに少し痛い思いはしますが、家族でもできる内容だと思います。

 もし、これができるようになったら、インフルエンザの流行におびえて、マスクをして歩く人は減るでしょうね。日本ぐらいですよ。なんともないのにマスクして歩いているのは。。。。

国に意見を言ってみませんか?

Posted on: 土曜日, 3月 26th, 2011 in: クリニックより

 厚労省のホームページに、国民の意見を言う場所があります。
http://www.mhlw.go.jp/iken/bosyu_voice.html 国民の声送信フォームから書き込みができます。実は近畿厚生局に、何度も文句を言いに行っていました。医療制度でおかしいと思うことが山ほどありますから。先生一人の意見では通りませんよと言われましたが、何度も言い続けることでやっと話を聞いてもらえました。その内容は、昨年末ごろの厚労省のHPに乗っています。

 今回も、再びたまってきた不満を言いに行こうとしたのですが、担当者の部署が変わるそうです。公的機関ではよくありますよね。4月に移動があると、その前の話が一向に伝わっていないのです。過去にもそれで同じ話を何度もする羽目になったことがあります。でも、担当者の方が、直接書き込める場所があると教えてくれました。それで、すでに3度書き込みをしました。

 国のすることですから、すぐに返事が来るわけもなく、それでもあきらめずに書きこんでいこうと思っています。みなさんも、どんどん書き込んでください。多くの意見が集まらないと何も変わらないんです。どんな些細なことでもいいです。医療に対して思ったことは、どんどん国に報告していきましょう!

サプリメントは一切禁止しています

Posted on: 木曜日, 3月 24th, 2011 in: クリニックより

 サプリメント類はクリニックでは一切禁止しています。たとえばブルーベリーが目にいいという話は、医学的根拠なしとされています。そういったことを載せている本もあります。もし、ブルーベリーが目にいいとすれば、サプリメントで取ることは禁止しています。元々、ブルーベリーの実を食べた人が、目にいいと感じたからそういう情報が出たのでしょうから、摂取するなら生の実で取るべきでしょう。

 当クリニックでは、食の基本を重要視しています。伝統的な食事がなぜあるのか、それを考えてもらっています。便秘にいいからとヨーグルトを食べている方があります。本当でしょうか?発酵食品で、”菌”を取りたいなら、日本人なら納豆でしょうと話します。また、便秘にい食品ってあるんでしょうか?一番いいのは線維ですよね。それなら、日本にはこんにゃくといういい食品があります。便秘薬で一番いいのは、こんにゃくでしょうと話しています。寒天もそうですよね。海藻からできたいい食品です。そいういったものを無視して、からだが治るでしょうか?

 便秘にいいものに朝食も入ります。特に、朝食に野菜をしっかり取ると、先頭になる便が水分を含んで出しやすいものになります。それだけでも、便秘は解消するのです。玄米に変えたら、便秘が治ったという方もあります。玄米が良かったのではなくて、玄米を食べるためにおかずが和食になったからでしょうと話します。単独の食品で、何かが良くなるはずがないからです。

 伝統的な文化には必ず意味があります。なぜそうなってきたのかを考えれば、わかるはずです。もう一度、日本を見直してみてください。それが、一番の薬になると思います。

新潟に行ってきました

Posted on: 火曜日, 3月 22nd, 2011 in: クリニックより

 震災の件ではありませんが、日曜の夜中に到着、月曜の夕方出て昨夜夜中に大阪に戻ってきました。北陸道は、滋賀のあたりから、給油規制がなされており、緊急車両優先になっています。物資を運ぶためか、普段よりかなりトラックの台数も増えています。新潟につくと、予想外にひどい状況でした。被災地ではないですが、節電のために、コンビニは看板含めてほとんどの電気を消しています。スキー場も、リフトを止めていたようで、切り上げての営業終了にし、被災者の受け入れを始めるようです。

 新潟に向かうときは、NTTのボックスをつけたリフト車が、何台も連ねて走っていましたし、給水車など、普段見掛けない車も多くみました。帰りには、レスキューの車を中心に各地の消防隊が岐路についていましたが、奈良県は、県をあげていっていたのでしょうか20代くらい緊急車両を連ねていました。

 また、護送車らしき警察車両もありました。ナンバーが違う地域のものが何台もあったので、各地の拘置所から被災地に迎えに行っていたのだと思います。たまたま、ガソリンスタンドで、一緒になったのですが、拘置している方の運動のためでしょう、真ん中の扉から出して前の扉から乗せるという、変わった行動を見ました。その場では何か意味がわからなかったのですが、おそらく刑務所に入所されている方だと思います。

 被災現場まで行ったわけではありませんでしたが、それでも思っていた以上にひどいのだなと分かりました。関西は電気の周波数が違うので、節電しても効果がないと聞いていますが、それでもパフォーマンスなのか、看板を消しているところも多いですよね。

 これから先は、冷えてしまった経済の復興が重要です。震災の影響は、震災の影響の無い場所にまで、節約をさせてしまっています。そういう気持ちも大事ですが、日本の経済の復興は被災していない場所の人に託されています。

 東京からは、外国人は逃げだしたそうです。国際線は、ビジネスだけに絞られ、関空に降りているそうです。領事館はすでに大阪に移転してきているようです。私は、元々経済の中心は大阪にしようと訴えてきました。ニュージーランドがそうなんです。政治の中心と経済の中心は別の場所です。日本がすべて東京にしてきたから、いろんな政治と企業との癒着もなくならないのだと思います。

 医師としては、ミクシーのコミュニティーに参加しました。メール相談で、肛門疾患は受け入れる表明をしています。メール相談は、10年以上続けているので、得意分野です。それ以外、クリニックで何ができるかをスタッフと相談しようと思います。元気が取り柄のクリニックなので、何か見つかると思います。 

是非、大阪発信で、日本の経済復興をしましょう。何かいい案がある方は、診療と関係なく来ていただいて、アドバイスをいただければと思います。

勉強会に参加してきました

Posted on: 日曜日, 3月 20th, 2011 in: クリニックより

 24時間血圧管理と24時間血糖管理の勉強会に参加してきました。24時間測る検査は昔はホルター心電図しかありませんでしたが、血圧と血糖が測れるようになり、かなり治療に対する考え方も変わってきたようです。講師の先生のおふた方は、本当に熱心に話されていました。

 血糖については私もかなり思うところがあったので、質問をしたのですが、うつ病や引きこもりの原因と考えている反応性低血糖についてはあまり知識をお持ちではなかったようです。アメリカに留学されていたようなので、早くから24時間血糖は、勉強されていたのだと思いますが、糖尿病が専門の先生なので、あまり低血糖はご存じないのかもしれません。それとともに、アメリカ人と日本人は、からだの基本的な構造も違いますし、インシュリンの反応も違います。日本独自のデータを集めていかないとならないなと思いました。

 東京でも、大阪と同じように24時間持続血糖測定は、入院で行っているようでした。ひとりだけ、上司の知り合いで、どうしても外来でと頼まれて取ったようなのですが、異例だと言われていました。しかし、入院すれば、糖尿病食になりますし、普段の生活のようなストレスもありません。その中で、薬を合わせていいデータになったとしても、はたしてそれが実生活に反映されると考えていいのでしょうか?

 糖尿病の方でも、高血圧の方でも、入院中は病状がよくなり、退院後に悪化するのはよくあることです。入院しなければ、できない検査でもありませんし、実際大阪では、大阪市立大学の小児科は外来通院で行っています。

 当クリニックでは、保険診療の適応を受けられないために、自費でこの検査を行っていますが、入院して行った場合の自己負担金と同じ額に設定しています。入院すれば、ついでにほかの検査もということになるので、そうなると数万円かかる場合もあるそうです。仕事に影響を出さず、普段の生活でどのような血糖の変化を出しているかを知ることは、今後の生活を考える上でも重要だと考えています。

 いろんな方のデータを集めていって、大阪発信で、新しい病気の発見と治療の開拓をしていきたいと思いました。

資格というものを考えてみました

Posted on: 土曜日, 3月 19th, 2011 in: クリニックより

 資格がないと、就職には不利です。特に医療機関では、看護師不足、臨床検査技師不足です。理学療法士も放射線技師も不足している施設もあります。一方で、働きやすい環境なら人がやめないので、そこに新たに入りたい人がいても、受け付けてもらえないこともあります。

 資格がないと給料も安くなります。ところが、資格がなかったら何ができないんだろうと考えてみました。看護師しかできないことは、採血、点滴ぐらいでしょう。臨床検査技師しかできないものはないようです。すべて看護師が代用できるようです。医者はその中で、かなり優位です。医者しかできないことは多く、人を切るという行為は、医者以外の資格では認められていません。

 では、資格を取るのに費やす時間とお金はどうでしょうか?看護師になるにも臨床検査技師になるにも、3年間必要です。薬剤師に至っては、6年に増えてしまいました。それだけ時間をかけても、安定した職に就けない現実もあります。公立病院の看護師たちは、契約社員のような立場にされ、いつ辞めさせられるか不安を持っています。公立病院はアルバイト禁止にしていますが、アルバイトを雇っています。正職員なら高くつくけど、アルバイトなら時間給は高くても、簡単に首が切れるからでしょう。

 かといって、アルバイトの看護師がどこにも勤めていないかというと、アルバイト禁止になっていない病院に勤めているのです。アルバイトが許可されているか禁止になっているかは、いろんな理由があると思います。禁止にしているところは、十分な給料を出しているはずです。十分な給料が出せないところは、アルバイトを許可していると思います。

 アルバイト禁止にしている病院は、アルバイトを雇えないようにしたらいいと思います。すべて正職員で賄うべきです。私は、アルバイトすることは、いろんな環境を見るいい経験になるので、どんどんしなさいと進めています。実際うちのクリニックは、ほとんどがアルバイトで、他でしっかり働いている人たちです。私自身もそうです。

 開業医は、診療内容によって、全く収入のめどが立たないようにされています。ある種の疾患を扱う開業医だけ、裕福にしていられるのですが、婦人科とか肛門科など加算のつかない疾患を扱っていると、全く経営が成り立たないようになっているのです。経営を安定させるためには、よそで働かないとなりません。しかし、そういった口もだんだん減ってきていることも現実です。

 私は、専門医、認定医、博士号などいろんな資格を取ってきましたが、全く意味をなさないのも現実です。資格を取れば、単価が上がるかと思いきや、研修終了直後の医者と単価は一緒なのです。それには、国の方針が深くかかわっていると思います。

 どなたでもいいです。アルバイトがあれば紹介してください。良心的な医療を続けようと思えば、それぐらいしか方法はないのです。いっそのこと、水商売のアルバイトでも探しますか。。。

安易な投薬がとんでもないことを。。。

Posted on: 金曜日, 3月 18th, 2011 in: クリニックより

 安易に下剤を投薬する。便秘で医療機関をおとづれた方には、ごく当たり前のことです。ところが、下剤というのは、年齢によって、便秘の仕方によって、事細かい使い分けが必要な薬です。それ以前になぜ便秘になっているのかを考えてみないとならないでしょう。

 年齢とともに腸の動きは悪くなってくると思います。ところが、女性の便秘の原因の多くは腹筋が弱くなってくることです。腹圧がかけられないようになると便が出しづらくなります。それ以外に、繊維不足、朝食をしっかり取ってないこと、排便姿勢が悪いことなど、いろんな原因が考えれられます。

 安易な下剤の投薬が何を起こしたかというと、骨盤底筋群の緩みでした。立っていると肛門がはれてくるとあちこちの医療機関を回って、それでも治らないとクリニックに来られた方がいました。痔の手術もしたし、婦人科にも行ったし、大腸の検査も受けた。どこも問題ないといわれるけど、はれぼったくなって、不快だと必死に訴えられました。

 彼女の訴えの原因は、立った状態でわかりました。肛門と膣の間がはれてくる場所で、訴えにあるように肛門ではなかったのです。患者さんは、表現の方法がわからないので、こういったことはよくあります。同じ状況を作って再現してもらえばすぐわかることです。

 結局、朝食を取らない習慣から、便秘を起こし、安易な下剤の投与で、排便姿勢が狂いだし、肛門の前方にばかり圧がかかり、出産経験もあることから、骨盤底筋群が緩みだしていただけだったのです。そこまでわかるには、かなり時間がかかったことも事実ですし、それを理解してもらうにも時間がかかりました。しかし、納得できるようになった患者さんの顔には笑顔が出てきて、生活改善を頑張ってみますと意欲が出てきました。

 薬をすべてやめたほうが、症状がなくなっていい結果になることは、よく経験してきました。しかし、日本の医療は、投薬しないと経営が成り立たないようにされていますし、今やそれだけでも無理で、紹介状を書いて他院を受診してもらう、痛い検査を受けてもらう。そういったことをしないと経営が安定しないようにされています。

 一か所の医療機関で、いろんなことが解決できればそうのほうがいいわけで、それをしようとするところが経営がしんどくなるようにしたのは、国です。その結果、患者さんは病院を転々とし、不快な症状が改善されないことに対して、どんどん不安に陥れられます。

 病気の大半は、人間が作っていると思います。病気は薬が治してくれるものではなく、自己治癒力で治っていくものです。そういったことが忘れ去られて長い時間が過ぎたともいます。病名も人間が作ったもので、本来病気ではないものも病名により病気扱いされていることも多く見られます。病気だから治さないとならないと思う、患者さんたちの思いもおかしくなっていると思います。ある方は、心臓の病名が付いていて、精密検査を受けるように何度か言われましたが、別に何も困ったことがないので、受けようとも思いませんとおっしゃいました。それが正しいと思います。

 食生活の改善だけで、かなりの病気は治るはずです。ところがその食をないがしろにしてきて、サプリメントなど別のもので安易に代用しようとしてきたから、いろんな不具合が起きていると思います。伝統文化、伝統的な食事などなぜそうなってきたのかを考えれば、簡単なことだと思います。人のちっぽけな力で、進化も変えられないし、自然も制圧はできないのですから。

婦人科の勉強に行ってきました

Posted on: 水曜日, 3月 16th, 2011 in: クリニックより

 子宮脱、膀胱脱など大変な病気があるとわかりました。おしっこの出が悪いといった症状で始まるため、泌尿器科に行かれる方が多いようです。でも、実際は、骨盤底のすべてがかかわっています。私が、かかわっている肛門も、その中に入るわけです。

 泌尿器科の先生に、膀胱脱の手術を見せていただいたことがあります。膣壁にメッシュを入れることで、膀胱が出てこないようにするもので、新しい技術だと聞きました。その時もとってもびっくりしたのです。医者ですが、見たことないものも当然あります。膀胱脱の手術があると聞いて、見学に行くつもりにしたのですが、膀胱がどこから出てくるのか想像できなかったんです。

 ”わたし、膀胱が出てくるって、どういう状態かわからなかったんですよ”と話すると、泌尿器科の先生は笑っておられました。見たことなければ、そうですよね。って。。。膀胱脱と言っても、膣壁が膀胱に押されて、会陰部から出てくるもので、膀胱は外から見えないのです。考えてみればそうですよ。おなかの中にある膀胱が、外から見えるわけない。でも、見たことないと、医者でもそういうことが分からないものなのです。

 膀胱や、子宮が外に出てくるというのは、単純な話ではありませんでした。出産のときに切れてしまった、筋肉のせいで、後々に出てくるのですから、本当に悲しい話です。子宮とか膣は、たいがいの臓器として扱われますので、出ていても問題はないのですが、本人の苦痛は計りしれません。段階によって、また性生活があるかないかなどによって、治療方針は変わるようです。一概に手術してあっさり治るものでもないようです。

 肛門でも同じようなことが言えますよと婦人科の先生に話ししたところ、とても驚いておられました。是非、学会で発表してくださいよとまで言われました。これからは、女性の骨盤内の臓器は、一つのジャンルで見ていく必要を感じました。膀胱は泌尿器科、子宮は婦人科、肛門は外科ではおかしいと思いませんか?何ができるのか、これからの課題が増えました。

震災の影響で仕方ないと思いますが、

Posted on: 日曜日, 3月 13th, 2011 in: クリニックより

 昨日は、予約キャンセルがかなりありました。以前より、連絡もなく来院されない方もいらっしゃって、クリニックのスタッフも困っています。当日になり急に見てほしいとおっしゃる方もいらっしゃいますので、予約で満杯だとお断りしないとならないのに、実際は来られない方もいるわけで、こういったことは本当に困ります。

 特に、当日キャンセルは、時間を開けて待っているほうにしてみれば、本当に不愉快になります。当院では、レストランの予約と同じように、その時間の場所と空間を開けてお待ちしています。他の医療機関とはまったく違いますので、その辺をご了解ください。現在、迷惑なキャンセルを防止するために、どうしたらいいかスタッフと検討中です。予約時に、予約金の振り込みをお願いすることも考えています。旅行の予約などは、予約金を入れないと、取れませんよね。

 医療だけが、いい加減な予約をやってきたから、患者さん側の意識もいい加減なものになったのだと思いますが、そのままにしていいとは思いません。皆さんからのご意見も頂ければありがたいですね。是非、来院時にアドバイスをしてください。