当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初診)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来脂質異常症中性脂肪甲状腺消化器乳腺インボディOGTTダイエット総合診療科

Home >> 1月, 2010

顔面神経痙攣

Posted on: 水曜日, 1月 27th, 2010 in: クリニックより

 目や、ほっぺがぴくぴくと勝手に動いてしまうことってありますよね。顔面神経がけいれんを起こしている状態です。疲れがたまった時に出やすいようですが、頻繁に出るようになると、要注意です。他人のことを気にしすぎている場合が多いと思います。笑顔を作らなければとか、悪く思われたくないとか、そういったことが顔に出てしまうようです。でも、他人って、案外何も見ていませんよ。人間みんな自分が一番かわいいんですから。他人が見ているのは、目の表情です。目が生き生きしているのか、目が死んでるのか、はたまた、目の奥で、よからぬことを考えているのか。。そういったことを目から探ろうとしているのです。対策としては、目の表情を鍛えてください。マスクをして、鏡の前に立って、笑ってる目とか怒ってる目、悲しそうな目、やる気満々の目などいろんな目の表情を練習してみてください。そうしてるうちに、自然とけいれんはしなくなります。だって、目は顔面神経と関係ないのですもの。けいれんを起こすようなことも自分自身のからだのアラームですから、からだが何を訴えようとしてるかを考えてみてあげてください。きっと、無理しないでと言ってくれてるのだと思います。

申し訳ありませんが、当分休診いたします。

Posted on: 土曜日, 1月 23rd, 2010 in: クリニックより

 今日、急きょ休診にしたので、何人かの方にご迷惑をおかけしてしまったと思います。申し訳ありません。もともと、精神的な要因が、身体症状として出やすいタイプだと聞いています。今回かなりきつい身体反応が出てしまったので、どれくらいで回復するか予想ができません。以前もこういったことがあったのですが、その時は和泉からの通勤だったので、何とかなったのですが、現在実家の都合で、大阪市内から通勤しています。そのため、現在の体調では、通勤自体に問題が出ると判断しました。メールサポートは引き続き行なっておりますので、不安なことはいつでもご相談ください。また、めどがつきましたら、報告させていただきます。

人の縁について。。。

Posted on: 木曜日, 1月 21st, 2010 in: クリニックより

当分の間、病気の話から離れてみようと思います。

人の縁について考えてみてください。山ほど人がいるのにその中の一人と何かで出会ったとします。別の人でもよかったはずですね。でも、その人と知り合ったことには縁があるのです。縁があるというのは、意味があるということです。無理に人と知り合おうとしても相手が嫌がりますよね、きっと。インターネットでたまたま見たホームページ、それにも縁があります。機械相手におかしいと思いますが、そこにも意味があるんです。縁というのは、相手に同じものを感じることだと思います。共感できるから知り合いになれるのです。このページを見て、医院に来ていただいた方にも縁があるんです。親子の縁と言いますが、これは単に血縁なので、人の縁ではありません。ただ、親は子供とであったことに意味を感じないとならないですし、子は親の子供として生まれたことに意味を感じないといけないと思います。一番意味のあることは、人の死だと思います。死のタイミングには何か意味があります。本人が意図せずとも、誰かに何かをいい残しているのです。私たちは、人の死から何かを学ばないとならないと思います。医者になってからいろいろな人の死を見てきました。人の死だけは、私たちでもどうすることもできません。助かるはずの命が助けられないことぐらいつらいことはありません。理論的には死ぬはずないのにと何度も思ったことがあります。医学では解決できない何かがそこにはあるのだと思います。人間も単なる哺乳類です。単に、考える力をつけただけです。それが邪魔していることが多く存在します。流れに逆らわないことが大事です。かといって何もしないでいいわけではありません。何もしなかったことの後悔はできません。失敗しても何かをしていくから、人間なんだと思います。

あけましておめでとうございます

Posted on: 月曜日, 1月 4th, 2010 in: クリニックより

本年もよろしくお願いします。

 痛みや不安から解放された生活を送れるように、今年も生活指導を含めた治療を行っていきたいと思っています。一人一人に合った治療や改善方法を、一緒に相談していければいいなと思っています。本年もよろしくお願い申し上げます。