当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初診)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来脂質異常症中性脂肪甲状腺消化器乳腺インボディOGTTダイエット総合診療科

Home >> 12月, 2009

ときどきおなかを触ってみましょう

Posted on: 金曜日, 12月 25th, 2009 in: クリニックより

 できれば排便後にあおむけに寝て、膝を曲げて足を立てておなかを触ってみましょう。何かゴリゴリと触れるようなら、またそれが常時同じ場所にあるようなら検査が必要です。引っ込んだり、場所が移動したりするようなら、心配いらないでしょう。検査といっても便を提出してもらって、便潜血反応というものを見ます。おなかの中のしこりで多いのは大腸がんです。私の身内の高齢者に大腸がんが見つかりました。彼女は高齢だからと市の検診などは受けていませんでした。おなかにゴリゴリがあると気付いていたようですが、相談しなかったようです。がんによって便が詰まってしまい、腸閉塞という状態で発見されました。おなかがパンパンに張って痛みが出る状態です。本人は便秘だと思い、下剤を飲んだようです。幸い近くの救急病院の機転がよかったので、クリスマスイブの夜に緊急手術をしていただき、事なきを得ましたが。。。知っていればもっと早く分ったことです。検診などに頼るより、自分の異変は自分で気づくことが大事です。ぜひ、ときどき自分のおなかを触ってみてください。