当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初診)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来脂質異常症中性脂肪甲状腺消化器乳腺インボディOGTTダイエット総合診療科

Home >> 10月, 2009

肛門が痛くなったときの対処方法

Posted on: 日曜日, 10月 25th, 2009 in: クリニックより

排便後の急な痛みの原因はいろいろありますが、切れ痔の場合は少し時間をおくと治ってきます。排便後急に肛門がはれて、痛みも腫れも引かない場合は外痔核の可能性が大きいと思います。内痔核の脱出(いぼ痔)であれば、初期には、排便時に飛び出してきても、自然に戻ります。戻らずずっと痛むものは肛門の外にできたものですので、中に戻す必要はありません。通常は3日間くらいでおさまってきます。いぼ痔が出たままになった場合は、必ず戻す必要がありますが、痛みで肛門を絞めてしまっていると戻すことが難しいかもしれません。お風呂に入り、温めてから、肛門をリラックスさせてゆっくりと押してみてください。押して戻す場合は、中心を押すのではなくて、出ている物の周囲から押してみてください。入浴できない場合は、まず横になって15分くらい、肛門をリラックスさせてからオリーブオイルを塗って、腫れの周辺から押していくといいかもしれません。痛みが強いときは横になること、じんわりと肛門を温めることが大事です。また、強い目の鎮痛剤を飲むことも有効です。あせらずにおこなってみてください。肛門の病気で、緊急性のあるものはほとんどありません。大事なことは、肛門をリラックスさせてあせらないことだと思います。後日、受診していただければ痛みをおこした原因を調べてみます。

当分、土曜日だけの診療にさせていただきます。

Posted on: 月曜日, 10月 5th, 2009 in: クリニックより

体調悪化のため、当分土曜日だけの診療にさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。なお、肛門疾患についてお急ぎの方は久保こう門胃腸科クリニックを受診してください。男性の先生ですが、丁寧に診察していただけます。http://www.kubo-clinic.com/index.html