当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初診)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来脂質異常症中性脂肪甲状腺消化器乳腺インボディOGTTダイエット総合診療科

Home >> 2月, 2009

たこ、うおの目

Posted on: 土曜日, 2月 28th, 2009 in: クリニックより

足にできる”たこ”や”うおの目”は足底筋の筋力低下が原因だといわれています。
硬くなってしまったものは削ったり、しなくてはなりませんが、再発予防には足底筋の筋

力を鍛えなくてはなりません。

旅館でもらったタオルや手ぬぐいを用意してください
片足つづ運動をしましょう
1.広げて縦において、端っこに足を乗せます
2.足の指をグーパー、グーパーしながらギャザーを作るように集めていきます
3.左右それぞれ3~5回くらい交互に繰り返しましょう
4.終わったら足の裏を延ばすようにストレッチしてください。

すぐにはよくなりませんが、毎日繰り返すことで、足裏の筋力がついてくればたこやうお

の目は減ってきます。

硬くなってきた部分については薬のついたテープ剤を張ります。1週間ふやかしてから、不要な部分だけかみそりで削ります。芯のあるタイプでしたら、何度かの処置で、芯が取れれば再発しなくなります。

痛風もちやねん。。。

Posted on: 土曜日, 2月 21st, 2009 in: クリニックより

 若い男性の方に多いと思います。友達には”痛風もちやねん”と言って、治療されていない方が。。

 痛風は痛い発作なのですが、ベースにあるのが高尿酸血症です。この時点では何も症状がありません。尿酸と言うのは”プリン体”と言うものをとりすぎると増加します。かわいい名前ですが、たくさん取るのははよくありません。”プリン体”は干魚のほかイクラやタラコ、キャビア、レバーやあん肝、白子などに多く含まれています。若い男性が好んで食べそうですよね。これらをたくさん食べていないと知らない間に高尿酸血症になりゴルフなどを契機に足の親指が飛び上がるくらい痛くなります。これが痛風発作です。この発作は病気の一部であって、からだが”いいかげんにしろ”と言ってくれてるのだと思います。

 痛風だと言われたら、尿と血液の検査を受けて、痛くなくなっても”高尿酸血症”の治療を必ず受けてください。最近の研究で、高尿酸血症を放置していると、痛風のみならず腎臓”を傷めてしまうこともわかっています。尿をアルカリ性にするためにしっかりお水を飲んで、食生活が改善されて、薬を飲まなくても尿酸値が下がるようになるまで、必ず治療を続けてください。腎臓に効く薬はありませんから、症状がでてからでは手遅れになります。

漬物は食べないとならないですか?

Posted on: 土曜日, 2月 14th, 2009 in: クリニックより

 高血圧の方がよく言われるのが”漬物はやめられないから”

 塩分の取りすぎがよくないのはわかっていて、漬物にしょうゆをかけないようにしてるけど漬物はやめられないのですよね。でも、漬物ってどこの食べ物なのでしょうか?多くは雪の降る地方で、冬の間に野菜が取れないために保存していたものですよね。京都も漬物が有名ですが、盆地なので冬はとても冷え込みます。なので、漬物は寒い地域の寒い時期の食べ物ですよね。暖かい時期は野菜もいっぱい取れますし、漬物を食べる必要は無いのでは?

 寒い地方で、高血圧の方に徹底した塩分制限をしたことがあるそうです。血圧は下がったのですが、肺炎をおこす方がかなり増えたそうです。どうも、寒い時期の塩分は免疫力強化にもなっていたようです。先人たちはいろんなことを考えたと思います。今のように薬など少ない頃、食事の一部を薬に変えていたのだと思います。なので、郷土料理はその土地で生活する人の体を守るために出来ていると思います。そんな漬物を季節にかかわらず、暖かい地域にもかかわらず、おいしいからとか風情が良いからとか言って食べていて良いのでしょうか?

 血圧が高い方はまずは ”漬物は冷え込む日だけ” に変えてみませんか?

 どうしても漬物がやめれない方は隠さず教えてください。そんな方にあう薬も最近は増えています。一番よくないのは放置することです。

糖尿病の検査を受けてみませんか?

Posted on: 土曜日, 2月 7th, 2009 in: クリニックより

 正月が過ぎ、寒いこの時期は運動量も減るので、糖尿病の方は悪化しますし、異常のなかった方も糖尿病になりかける方が多いように思います。2月、3月は寒いため病院から足が遠のきますし、人間ドックの受診率も下がります。また、市町村検診も3月、4月は行わないところが多いようです。この時期、子供さんの進学や就職などで忙しい方が多いためだと思います。でも、糖尿病は早く見つけて、ちゃんと生活習慣を改善すれば治せるものだと思います。完全に糖尿病になってしまってからでは治すことは出来ず、悪化させないような治療になります。治療をせずに放置すれば、気がつけば目が見えなくなったり、足が腐敗してきたり、腎臓が働かなくなって透析をしなくてはなりません。症状が無いからと定期的な検査も受けずに放置するのが一番体に悪いことだと思います。”サプリメントを飲んでるから大丈夫”などと言うことは絶対ありません。そのサプリメントも血糖を上げているかもしれないのですから。

 この時期、日本ではこたつに入ってみかんをたくさん食べます。とてもほのぼのとした風景なのですが、最近の果物は昔に比べて糖分が多いのです。昔のようなすっぱいみかんなら、いくつか食べてもいいのでしょうが、最近の口当たりのいいみかんは和菓子と同じだと思ってください。適量は、一日に手のひらに乗るぶんだけといいます。みかんなら、小ぶりのものがひとつでしょう。