当クリニックは予約優先です

HOME予約状況メール予約(初診)メール予約(再診)メール相談(再診のみ)FAX予約診察時間アクセス院長
内科/外科/糖尿病・内分泌内科/消化器内科/肛門内科/婦人科/形成外科/心療内科 (完全予約制) ひらいクリニック 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B-1号室 TEL06-6125-5350 FAX06-6125-5351

ひらいクリニック

   エコー外来脂質異常症中性脂肪甲状腺消化器乳腺インボディOGTTダイエット総合診療科

Home >> 1月, 2009

マンモグラフィ検診を受けて安心してませんか?

Posted on: 土曜日, 1月 31st, 2009 in: クリニックより

 乳がん検診に行く前にしこりが無いか調べてみてください。しこりがあれば検診ではなくて、乳腺専門の医師にかかってください。しこりがっても8割は乳がんではなくて良性のものだといわれています。診断には超音波検査を行い、必要であれば細い針を刺して、”細胞診”と言うものを行います。確定診断はこの”細胞診”あるいは少し太い針でおこなう”組織診”でなくては出来ません。細い針のほうは点滴などの針と同じものなので、痛みも少ないですし、1-2分で出来ますので、検査を進められた場合は快く受けてください。

 しこりが無い場合、マンモグラフィー検診を受けに行きましょう。2年に一度でかまいません。マンモグラフィー検診は”しこりを作らない乳がん”を見つけるのが得意です。乳がんのうち15-20%はこのタイプだと言われています。しこりを作るタイプの発見は不得意なので、必ず”触診”もセットになっています。ただし、ご自分のお乳の状態は一番ご自身が分かってるはずです。触ってもらうことも重要ですが、もっと大切なことがご自身での”自己検診”です。

 もし、マンモグラフィー検診で”要精査”になってもあわてる必要はありません。”要精査”であっても”3”であればほとんどが良性です。ただし”4”の方は少しがんの疑いがあります。”5”の方はがんの疑いが強いので、”4”か”5”の判定の方は早めに病院を受診してください。ただし、しこりを作らないものは早期がんであったり、悪性度の低いものが多いのであわてる必要はありません。

 たとえ乳がんであっても7割は治療で治ります。
乳がんと言う病気があることを知って、自己検診をして、定期的に検診を受けていれば必ず早い時期に見つかり、ちゃんとした治療を受ければ治ります。自己判断で”放置する”ことだけはしないでください。

更年期障害について

Posted on: 土曜日, 1月 24th, 2009 in: クリニックより

 更年期にはさまざまな症状が出ます。有名なものが”ほてり”ですが、女性ホルモン補充療法はこの”ほてり”にしか効かないと言われています。女性ホルモンが減っていく過程で生じる症状ですが、50歳を中心に前後5年くらいかかると言われています。”めまいがするのですが更年期でしょうか?”などの質問をよくされるのですが、実際のところはわかりません。ありとあらゆる症状、精神症状もでますから。私たち医療の側は、”更年期ではなくてある種の病気で出ていないか”を調べなくてはなりません。治せる病気なのかもしれないのですから。けれど、最近は医師に”更年期です”と言ってもらう方が安心される方が多いように思います。しかし、それは間違いなので、提案された検査をしっかり受けた上で、何も無ければ”更年期でしょう”と言ってもらってください。

 もし更年期症状だとしたら。。。。各症状に合わせた薬をどっさりもらって帰ればいいのでしょか?

 ”老化という体の自然な反応”なので、体のアラームをじっくり聴いてあげることが大事なのではないでしょうか?女性の場合、子育てと家庭を守ることを必死にやってきて、ひと段落した頃が更年期の頃になります。あなた自身のからだが”少し休憩しようよ”と言ってるのだと思います。精神的にもそうです。”女性は強い”などと言われますが、人間誰でも弱いのです。子育てをしなければならない間だけ”強く”なってただけなのです。更年期をすぎると体は小学生の頃に戻ります。それを自然に受け入れられないでいると”うつ”になってしまい、ひどい場合は精神の破綻も生じます。そうなる前に心のアラームも聞いてあげなければなりません。

 自分を治せるのは自分だけです。
ただし、いろんな症状を我慢することはありません。めまいを押さえる薬、胃腸症状を改善する薬、軽い安定剤などを使って、生活を楽にすることが大事です。いつでも気軽にご相談ください。

女性の仕事について

Posted on: 土曜日, 1月 17th, 2009 in: クリニックより

 女性にとっては家の中が戦場です。
なので、遊び場である”家の外”。。。外出がリラックスできる場です。
男性にとっては家が安心できる場で、一歩外に出るとすべてが戦場です。

 職場にはプロ意識を持って入らないとならないものですが、女性の場合は”遊び場”であることも重要です。仕事中に”On””Off”をしっかり切り替える事が大事です。仕事を始めて、ストレスを感じる方はこの”On””Off”が出来ていないで、”On”のままになってる方に多いと思います。男性が”女性がいると職場が明るくなるなあ”と言うのは、女性の”Off”の姿を垣間見たときに感じるのだと思います。適度に女性が”Off”を見せるので、男性は戦場にいながら少しの間家にいるようなリラックス感を感じるのだと思います。だからと言って、仕事もしないで笑ってなさいと言うことではありません。男性は同時進行で1つのことしか出来ないのですが、女性の場合は同時進行でいくつものことが出来ます。家事がそうですよね。料理と洗濯と掃除を同時進行にしています。なので、ある意味では男性より短時間でたくさんの仕事を処理できるのです。集中してやって、”Off”にしておしゃべり。
 男性並みになんて、しなくて良いのです。女性ならではの仕事でいいのです。気持ちの切り替えが間に合わない方には軽い安定剤もありますので、ご相談ください。

目に違和感は出ていませんか?

Posted on: 土曜日, 1月 10th, 2009 in: クリニックより

今年は暖かいせいか、年末よりスギ花粉が飛んでいるようです。

目のかゆみ、涙目、シカシカする、まぶたがはれぼったい
などの症状があればアレルギー用の点眼薬を早めにさしてください。
市販の点眼薬で一時しのぎもいいのですが、長期間使うものではないのでアレルギーのある方は早めに受診してください。また、今までアレルギーのなかった方でも発症してる場合があるので、血液検査で分かりますので受診をお勧めします。アレルギー用の点眼薬やドライアイの点眼薬でしたら、内科でもご用意できます。

もし、”目やに”が出たり目が赤くなってきた場合は抗生物質入りの点眼薬が必要かもしれませんので、眼科を受診してください。

最近、キレやすくなっていませんか?

Posted on: 月曜日, 1月 5th, 2009 in: クリニックより

 頭がぼーっとして集中力が無かったり、無気力になっていませんか?そんな時チョコレートやあめ玉を食べるとほっとしたりしていませんか?低血糖になっているかもしれません。高血糖は糖尿病でよくない病気だと知っている方は多いですが、低血糖は生活習慣から来ている病気の手前の状態です。普段から、お菓子や、ジュースなど、消化がよくて、当分の多いものばかり食べていると反応性低血糖になります。

 低血糖になると一番最初に影響を受けるのは脳の活動です。エネルギー不足により、ぼーっとしたり、集中力が泣く無気力になります。さらに悪化すると冷や汗が出たり、手が震えてきます。このとき、あめ玉など糖分の多いものを食べるとすっと元気になる場合、低血糖の可能性があります。

 なぜ甘いものを食べて低血糖になるのでしょうか?糖分が多く吸収の早いものを食べると血糖値は上昇します。血糖値を正常に下げようとすい臓からインシュリンが大量に分泌されます。そういうことが繰り返されるとすい臓がうまく機能しなくなり少しの糖分でも大量のインシュリンを分泌してしまい、必要以上に血糖値を下げてしまうことになります。低血糖になると今度は体が血糖値をあげようとアドレナリンと言う攻撃ホルモンを分泌します。アドレナリンが出ると頭がカッカッとして、食欲がわいてきて攻撃的になります。おなかが空いたらいらいらするというのはこのホルモンによるものです。

 低血糖を起こしているかどうかは糖負荷試験(OGTT)という採血検査でわかります。

 低血糖は食生活の改善でよくなります。3度の食事は食物繊維やお肉などのたんぱく質などをバランスよく取りましょう。カロリーが同じだからとポテトチップスやチョコレートなど消化のよいものばかり食べるのはよくありません。特に子供さんが切れやすくなってるようでしたが、まずは食事の改善をして見ましょう。

あけましておめでとうございます

Posted on: 木曜日, 1月 1st, 2009 in: クリニックより

本年もよろしくお願いいたします。

cimg1542-1.jpg